fc2ブログ

ありがとうございました

北斗を迎えた時、今では信じられない行動をとっていた私💧
飼い方も分からずに迎えると言う、無責任極まりない飼い主でした(^^;;

幼なじみと一緒に、余市の保健所から連れてきた北斗は推定1歳?

確か3月だったので←(覚えていないってどーゆーこと^^;)家まで車が入れず途中から徒歩で帰宅することに。
で!!
私は何を考えていたのか、北斗をフリーにして家へ向かったのです( ̄▽ ̄)
1時間前に出会ったばかりの北斗をフリーにするなんて…し、し、信じられない(ー ー;)
でも、北斗はまるで自分の家へ帰るかのように120メートル先の我が家へ向かい、時折振り返っては私を確認しながら嬉しそうに走って行きました。

その後、東京の家へ帰ったものの、当時二世帯住宅で暮らしていたお相手のご両親に反対され、しばらくの間北斗とふたりっきりで車中泊をしたこともありました笑笑
後々ご両親に可愛がられることになりますが笑

スタジオで踊る私の後を追いかけて、練習にならなかった事もありました笑笑

本当に多くの人に可愛がってもらった北斗。

2月21日 7時16分 北斗17歳
福助の待つ広い空へと、風になって旅立ちました。

最期は私の腕の中で。

北斗を可愛がって下さった皆さま、本当にありがとうございました。
楽しい17年でした。

2021041317132828d.jpeg
スポンサーサイト



すていほーむ


しばらくブログの更新をせずにいたら、大変な世の中になってしまった。
私のお仕事はお休み。一応5月6日まで。
一応ね。

16歳になった北斗はヨチヨチしながらも元気にお散歩しています。
まだまだ元気に歩いてほしいものです。

三叉神経障害の為、凹んでしまった右目。
最近左側も同じく凹んできました。
顔つきも変わっていくんだろうな。

最期まで目が見えていますように。

北斗!明日もお散歩行くよ~

IMG_0248_convert_20200424234121.jpg

何様ですのぉ〜?

国民全員かならず10万円受け取って下さいね!

そのあと必要なければ、何処かに寄付するもよしです。

何様か知らないけど、麻生太郎氏がふざけた事をほざいたね。

何様ですのぉ〜?


麻生太郎氏のふざけた言葉

愛護団体て

「お金も払わず仔猫をポンと置いて行っただけの貴方は仔猫が死んだって悲しくないでしょ!貴方からのメールが来るたびに凄いストレスを感じるんです!もう今後はスタッフとやりとりして!貴方とメールなんてしてる時間ないんですから!何度も説明してるでしょ!」


愛護団体です。

仔猫を預けた愛護団体に仔猫の治療費やフード、母猫の避妊手術費用、請求書、領収書の件で教えて欲しいことがありラインをしていると相手から電話があり、突然キレられました。

へ?

何で?

何度か質問してもそれに関しての返事がなくて困ってるから連絡してるのに、前に何度も話した!などとキレる始末。

「貴方は、こちらにお願いしてるんでしょ!だったらこちらに迷惑かけないでよ!」と。

いや。迷惑かけない為に質問をしてるんすけど。
こちらの話もまともに聞かず自分の話をするから私は疑問が残ったままになってしまい同じ事を質問するはめに。

仔猫が死んでも悲しくないでしょ!って言われた時は思い切り蹴り飛ばしたかったね💢
ふざけんなよ!ってね。

悔しいけど泣いてしまった。

とりあえず母猫の避妊手術が終わるまで頑張るしかない。

20190604195433ba6.jpeg


20190604195459bc5.jpeg


20190604195525433.jpeg

生きてもらう為に保護したのに

仔猫が死んだ。

20190604194050b28.jpg



近所のジジイが無責任に猫に餌をあげて。
その猫が何度となく妊娠してしまい、去年は母猫が食べたのか小屋の中で首だけが残っていたと。

そんな話を聞いていたから、今回赤ちゃんが産まれたと聞いて保護する事を考えた。母猫と一緒に。

でも、我が家の環境で母猫が子育てをする事は出来ないから物置でと考えたけど、窓があるとは言え暑くなれば仔猫には厳しすぎると保護団体にお願いしていた。


仔猫は3匹。
みんな元気で、私もミルクをあげたけど大きな声をあげながらミルクを飲んでいた。



20190604195525433.jpeg


20190604195459bc5.jpeg



20190604195433ba6.jpeg



猫風邪だったらしく、別々に預けられた仔猫2匹が同じ日に亡くなってしまった。

保護団体に預けず母猫と一緒に私が保護できれば仔猫を死なす事がなかったかもしれない。
本当にごめんね。

1匹だけ残った黒猫ちゃん。
2匹の分まで幸せになってね。
本当にごめんね。
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード