川内原発を止めろっつーの!!

熊本の地震

被災された多くの方へ、心よりお見舞い申し上げます。
そして、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。



恐ろしい程の余震・・・。

川内原発・・・止めろよ!!

アホか・・・。

あぁぁ・・・口が悪くなってまう・・・


熊本には劇団の先輩と、高校の同級生がいる


先輩が無事だという連絡が来た。
でも余震の回数が多くて船酔い状態だそうだ。

同級生は、始めの地震の時に私からのメッセージを開いた形跡があるものの返信が無く心配していたけど、今日、無事を知らせるメッセージが届いた。


 「家族でサバイバルしてます」との返事


大変だろうから、詳しい事は聞いていないけど、サバイバルしてる・・・・と言う事は、そうとう過酷な状況なんだろう。
サバイバルなんて言葉をチョイスしたのは彼らしいと言えば彼らしいけど、心配している者への気遣いなんだろうな。

何とかこれ以上被害が広がらない事を願うばかり

自然災害・・・どうにもならない・・・。

原発・・・何かの時は誰が責任をとるとかそういう問題じゃない
何故って?

責任なんてとれないから。とれるような物じゃないから。

そんなもんを再稼働させるなんて正気の沙汰じゃない

川内原発!こんな酷い状況にあるのに今も止めることなく稼働してるってどういうことだ?!

何かあったら、どーすんだよ!どーにもならないんだよ!


早く止めろーーーー!!


P7210015_convert_20090710205909.jpg
スポンサーサイト

子供達の笑顔!被災地へ届け!

2011 3・11 東日本大震災

あの日アチキは中目黒のスタジオで数日後の本番に向け、ダンスの練習をしていた。忘れもしないあの時。

震災後、色々な所が色々な所へ、色々な人が色々な人へ支援を送った。

アチキの仲間は桜projecTを立ち上げた。

その後、被災地へ何をどのように支援していけるか模索していた仲間。そしてアチキも。
そんな時、久々に会った仲間とライブ会場へ・・・そこで、約30年振りに会った同級生と3人でちょっとだけ話す機会があり被災地へ新たな支援を思いついたのだ。

支援の仕方は色々ある。できる事も色々あるはず。


そこで、震災後仲間が桜projecTで作ったCD<心の花>から(ピン咲爺さん、まっしぐら)に子供やお年寄りも簡単に一緒に楽しく踊れる振付を作ったのだ。






時が流れるにつれ支援も変わって来る。そこで、楽しいと思える時間を少しでも作ってもらえたら・・・という思いもあったのだ。

地元から配信。撮影をしたのは冬。地元の桜もお届けしたいと、桜の下での撮影も終了。只今編集中だそうだ。

いつか、被災地へ足を運び一緒に踊れたら・・・と思っている。勿論、自己満足などではない。

この撮影に参加してくれた子供達には、先生からその趣旨を説明して頂いていた。
震災で被害にあったお友達が沢山いる事など、真剣に聞いていた。

そして元気よく踊ってくれたのだ。

子供達の笑顔が被災地に元気を届けてくれますように・・・。

子供達の笑顔よ♪届け!

東日本大震災から、明日で3年

未だ行方が分からない方2655人


あの日アチキは中目黒のスタジオで練習をしていた


練習直後に地震がおき、荷物をまとめて渋谷まで歩いた


本来1時間位で帰れる自宅まで9時間後に帰宅


帰れただけアチキは幸運だった


先日、ある曲に振り付けをし、子供達に振り移しをして一緒に踊って来た




被災した子供達に、沢山の笑顔が戻るように、こちらの子供達の笑顔を届けたいと…


田舎に戻って、30年以上振りに再会した同級生とアチキ、そしてもう一人の同級生と色々打ち合わせを繰り返し、子供達の笑顔と出逢えた


沢山の笑顔が被災地の子供達に届く事を願って、明日という日を向かえよう

被災地の生き物達を助けて!

どもっ。


とーっても久々にシチューを作った


何故かというと


カレー&シチュー&ハヤシライスのルーが大量にあったから


スーパーでルーが安くなっていると、つい買ってしまっておった


メニューに困った時(※困るほど作っていない)ルーがあれば何とかなると安易に考え、その結果が…


おっ



というルーの数


食べ物を口にすると気持ち悪くなるくせに、次から次へと押し込むアチキ


変だろ


カウンセリングでカクカクシカジカ


んでカウンセラー


なるへそ


納得ですわ


いつまで、この状態が続くか分からんが、なかなか手強い


ふっ



ナメおってからに


摂食障害をお持ちのみなさま~


色々思うところはあると思うけど、気張っていこうぜ~


そんな今日この頃


『福島でイノブタか』という言葉が耳に入ってきたのだ




震災後、みんなが思っていた事…。


福島に関しては原発で入れない場所がある


そこに取り残されたペット


犬や猫


鳥や魚


亀だって蛇だっていたかもしれない


家畜もいる


多くは見殺しにされ、殺処分され…


人間が帰らなければ、ペットは命を失う


運よく助かったとする


犬や猫は去勢、避妊されていない為、犬は野犬になり殺処分されてしまう


そんな最悪な事が起きない為に、そんな動物達を助けている人もいる


家畜もそう

東京電力福島第1原発事故で立ち入り禁止になった場所で、野生のイノシシと豚が交配し、イノブタとして野生化しているのではないか?という事だった



農地を荒らす事から



また殺される


………。


震災後、懸念されていた事


嫌な事だけが当たってしまう


今、何ができるだろう


もう一度、考えてみよう

震災(孤児・遺児)を応援したい

夕べも地震があった


アチキの住んでいるマンションが古い事もあり


夕べは小さな揺れからではなく、いきなり…ガン!


という音と共に建物が揺れたのだ


時間は流れるばかりで、復興等といいつつ、まだまだ進んでいないのが現状


アチキは微力ながら、自分に出来る事を出来るだけさせて頂きたいと只今いくつか計画中


そんなこんなしていた先日


仲間から1通のメールが届いた


震災後、同級生が立ち上げた【桜projecT】で、被災された方々へ応援メッセージのハガキを書いてもらった1人


そんな彼からのメール


彼は新潟中越地震を体験している


2児の父でもある彼から『ひらベラちゃんに読んでもらいたい物があるんだけど送ってもいいかな?』とメールがきたのだ



送られてきたのが【ピッコロ震災孤児支援プロジェクト】のピッコロホテルオーナー制度のお知らせだった


東日本大震災で犠牲になった子供達(孤児・遺児)を応援しよう!


というものだった



詳しくは【ピッコロ震災孤児支援プロジェクト】で検索して頂けると助かるのだ



ここでは簡単に説明させて頂く


震災後、頻繁に被災地への救済など呼び掛けをしていたマスコミも、そしてアチキ達も決して震災を忘れた訳ではない



とは言え、やっぱり報道する回数も減っているのだ



そこで震災を永久的に風化させないためにも、一口 11,311円とし、善意ある皆様から支援金を募り、集まった支援金の50%を子供達に支援する


という主旨だそうだ




福島県北塩原村のホテルのオーナーが立ち上げた

一口オーナーになって頂いた皆様には、経営するホテルに無料宿泊(素泊)できるチケットを8泊分(32,000相当)をお送りするので、皆様の別荘代わりにご利用下さい。との事だった



残念ながらアチキは3匹の相方がいる事、そして間もなく田舎へ帰る為、一口オーナー制度に参加させて頂く事は出来ないが、違う形でご協力させて頂こうと思っているのだ


ペット可であるかも聞いてみよう


賛同して頂ける方がいらしたら是非宜しくお願いします。



【親を亡くす】という事は、自分が親より先に逝く事がない限り、必ず経験する事


勿論、アチキのようにアチキを産んだ人が死んでも知らん((( ̄へ ̄井)


な~んて、ものごっつい冷たい事を思っているようでは、死に目にあうことはないが(^_^;)


まぁ、色々あるけど


震災で子供達が親を失う事となったなんて


アチキには想像できない

悲しいとか、苦しいとか、辛いとか、そんな言葉で片付ける事ができるはずもなく


ただただ1日でも早く…いや、ゆっくりの方がいいのかな?



子供達の目にキラキラと光る未来が見えてくる事を願うばかりなのだ






プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード