矛盾の中で生きていく

私ね、思うんだよね。

自分って矛盾してるなぁ~って。

子供の頃テレビの映像を観てショックを受けつつも、不思議だなぁと思った事があったの。

何処の国だったかは覚えていないけど、そこの国は猿を食する国だったのね。
でね、国とは言えジャングルの様な場所。
ある女性の片手には可愛いおさるさんが抱っこされているの。
で、反対の手では乾燥された猿を川のような所で洗っている。
何とも妙な光景だった。

要するに,ペットの猿と食する為の猿がいるという事なの。

その国の食文化だから,それをどうこう必要性は全く無い。


私達もね、牧場に行って牛や馬の目を見て「可愛い」なんて言ってるけど、牛肉も馬のお肉も食しますね。

仔ブタを見て「可愛い~」って言うけど同じ。
ひよこを見て「可愛い~」っていうのも同じ。

以前もアップしたけど私達が食している鶏が誕生して出荷されるまでのドキュメンタリーをテレビで見た事があるの。

可愛い黄色いフワフワのヒヨコが大量に無造作に仕分けされる...........そして、食べられる為だけに生きていく。

合鴨農法も、元々人間の都合で作り出した生き物だと聞いたの。
アヒルとカモを掛け合わせて,ヒナのうちに田んぼの雑草や虫を食べてもらって農薬を使わずに美味しいお米を作る。

aiga11404.jpg

でも、合鴨が大きくなったら稲まで食べられてしまうから、合鴨さんのお仕事はそこで終わり。
合鴨さんの行方は?

食用になります。

中にはペットとして飼うという人もいるみたいだけど基本は最後まで頂くそうで........。

この間のダッシュ村観た人いるでしょ?

img_191774_9079923_0.jpeg

そういう事なの。

矛盾を感じるんだよね。

私自身、「可愛い」と思う命を頂いているんだもん。しかも、自分がさばく訳ではなく人にお願いしてね。
ズルいよね。

野菜も命。

血は出ないし,鳴かないから「可哀想」ってあまり思わないのかな?

冷たいよね。私って。

とにかくね、私達は命を繋ぐ為に命を頂いているという事を決して忘れてはいけないと思うんだ。
だから「もう食べれない」と捨てる事はあり得ない.......。ダメでしょ。


あの有名なさかな君は素晴らしいと思うのね。
ether_all.jpeg
お魚の事に詳しくて、そして何よりも大切に命を頂くあの姿勢は本当に素晴らしいと思う。
「可愛くて綺麗でしょ。ギョギョギョッ」と言いながら綺麗にさばいて美味しく感謝しながら頂く。

素晴らしい。

私はこれからも矛盾の中で生きていくんだなぁ。感謝の心を忘れない様に.......
スポンサーサイト
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード