じゃじゃ馬に悩まされるアチキにアドバイスを…

コロコロコロコロ~


あ~れ~。


鬱病さんは波があるのだ。


まぁまぁ、いつもの事。


一度おっこちても、おっこちた勢いで上手い事、波に乗って這い上がる事が出来たり、誰かに押されて這い上がる事も多々…。


が…今回はちと長い



くっそ~。アチキをナメんなよふっ。



昨日のカウンセリングではカウンセラーに『今のひらベラさんは、自分を囲んでいる壁を叩いて叩いて前に進む為、苦しんでいる姿が私には見えますよ


なぁんて言われた。



上手い事、言いはりますなぁ…と感心(笑)



カウンセラーは仕事だから当たり前と言えば当たり前だけど、アチキが過去に言った事を全て覚えているのだ。



1年前の事も数ヶ月前の事も…。


アチキが覚えていない(^_^;)



今までのカウンセラーはノートに書き込んで確認しながら話す事が多かったけど、今のカウンセラーは違うのだ。



どんな細かい事も覚えていてアチキは毎回助けられているのだ。



まぁ、今は次に来る《いい波》を待って、それに乗って波乗りを楽しむのをひたすら待ってみるのだ。



そんなこんなで今日…



北斗と散歩に行くで~


と思う気持ちは、全く沸く事なく『ごめん。夕方は頑張るから』と北斗に平謝り



取りあえず洗濯せねば


ささっ、ここで猫を飼っている方からアチキにアドバイスを頂きたい。

我が家には2匹のじゃじゃ馬がいます。



洗濯をしている時等、網戸にしていると、凛が網戸を開けてベランダで日向ぼっこ



『こりゃラッキー♪』って、じゃじゃ馬2号夏までベランダへ


ひゃぁ


思わず悲鳴をあげるアチキ。



じゃじゃ馬1号凛は完全室内飼い…とは言え2階から落ちたら



そして、じゃじゃ馬2号の夏は、以前の里親さん宅で、外と家を自由に出入りしていた猫



こやつは、何をしでかすか分からない



凛を家に入れた後、夏を捕まえようとしたら、何と隣りの家のベランダに飛び移ろうとしていたのだ



お前はムササビか


と、すぐに捕獲。ふぇ~。



猫を飼っている方は、どのような対策をしているのか是非、悩める乙女43歳のアチキにアドバイスを下さいまし






《乙女》にひっかかる

まぁまぁ、ちっちゃい事は気にすんな
スポンサーサイト
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード