計算したくない領収証の山(勿論計算などしない)

早朝からベッドのバラシ(笑)



おっ六角レンチがない


確か…この引き出しに…


あっ(; ̄ー ̄A



引き出しの中がカラッポ


………。



そうそう、片付けたからね…



でも


六角レンチは必要と思っていたから捨てるはずがないっ



ん~。



とりあえずビスだけ外して


てっしゅぅ~







とにかく荷物を減らすべく荷造りした段ボールを再確認



そしたらね


アチキの医療費がいくら、かかったのか分かる領収証が大量に出てきおった……



( ̄▽ ̄;)


怖くて見たくない(笑)


でも、こういう領収証って取っておいた方がいいのか、捨ててもいいのか…



そしたらね


お次は我が家の3匹の医療費が分かる領収証が( ̄▽ ̄;)



は平成22年の8月15日にワクチンを打っておる


領収証には、当時の名前が書かれてあるのが切ない(夏は夏ではなかったのだ)



家と外を自由に行き来させていたらしい夏



外に出ていたのにワクチンを打っていなかった


まぁ1匹で飼うなら打たなくても良かったかもしれないけど、凛と一緒に暮らしてもらう為には必要だったのだ



は、平成20年にワクチンを打っている



生後2ヶ月位であろう、ちっこい子猫だった


が、アチキが保護しようと手を出したら


シャーって、いっちょまえに威嚇しおった(笑)


保護当時200グラム位だったかな~


猫を保護したのは初めてで、しなくてもいい検査を受けさせられた
近場の病院に行ったのが大間違いだった

凛…ごめんね



んでんで北斗の領収証の山を見てびっくらこいた



北斗…


君はいったい、いくら病院にお金を落としてきたのだ


北斗を連れ東京に戻ってから、何ヵ所か病院に行ったけど


恐ろしい程の数の領収証


北斗は昔、皮膚がただれて大変だった


調べても、鶏肉だの米だの、あれもこれもアレルギーがあるからたべさせてはいかんと言われ注意していたものの、変わらず



で、ある頃から皮膚の調子が良くなったのだ


何を食べても血が出るほど体をかきむしる事はなくなった



アチキ密かに


ワクチンが原因なのではと思っていたのだ


けど確信はない



で、今回の領収証を見て改めて思ったのだ



あっワクチンを打たなくなってから皮膚疾患が消えたのだ



ふふ~ん


なるへそね



アチキが北斗にずーっと打ち続けてきたワクチンを打たなくなったのは



ワクチンで亡くなった犬がいる事を知ってからかのだ


ワクチンを打つべき、その必要はない


この2つ


賛否あるでしょう



アチキは怖くて今更、北斗にワクチンを打たせるつもりはないのだ



山の中で走り回る北斗には必要なのかもしれない


でも


その時はその時


推定9歳の北斗の体に負担はかけたくないのだ


ちなみに


領収証をみていると、やっぱり計算が合わず、北斗は10歳くらいかもイヒッ



まぁまぁ良しとしまひょ



それにしてもアチキ&3匹の医療費



かかりすぎ


やっぱり


健康が一番なのであ~る
スポンサーサイト
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード