願い叶わなかったワルツ・・・けど必ず続編はあるぜっ

うぅ~む。

宜しくないねぇ~。

何だか調子・・・宜しくないねぇ~。

天気のせいか?季節のせいか?

よろしくないねぇ~

ちっ。うつ病の野郎…舐めやがって

喧嘩上等じゃいっ!

こういう事になったりするから、仕事を決めるのに慎重になっちまう・・・。


だがしかーーーし売られた喧嘩は買うアチキ。めげずに仕事を探し中。数か所、面接に行く予定。

季節労働もなかなか魅力的。まぁ、保険などがないのは・・・・なんだけどね

取りあえず、パソコンと睨めっこして、仕事を探しているのであります。

そんなこんなな感じの日々を送っておりますが、先日、数年ぶりにあの世に逝った親父さんが夢に出てきた。
内容は全く覚えていないけど、アチキを産んだ人と2ショットで出てきたのだはじめてだ(笑)

しかも2人で家を出て行こうとしている。
親父さんの顔は笑顔ではない・・・それしか覚えていない(;^ω^)変なの~。


で、20日大切な仲間からメールが届いた
「ひらベラちゃん、パパが永眠しました」と・・・。

そのパパとは・・・アチキの社交ダンスの生徒さんだったのだ。

その生徒さんとの出会いのお陰で、ダンサーであり動物をこよなく愛する娘さんとお付き合いさせて頂く事になったのだ。
その娘さんから「パパあまり良くないの」とは聞いていた。癌だという事はアチキも知っていた。ご本人も知っていた。

北海道に戻る前、彼女とパパとママと一緒にお食事をした。
その時既に痩せていてね・・・でも元気だったから「今度、またワルツ踊りましょうね」と別れたのだった。

病床では、アチキが北海道で元気にしているか気にかけていたと・・・。
アチキの病気の事を知っていたので、いつも心配をかけていた。

hiraide sama up


3匹の事もあり、最期のお別れには行けなかったけど、アチキが好きなお花屋さんにイメージを伝えて、お花を送った。

hiraide sama up2

もう一度ワルツを踊る事は叶わなかったけど、いつかアチキがあっちへ逝く日がきたら、その時踊りたいと思ってるのだ

あ・・・・ワルツ・・・・練習しておかなくちゃ

hiraide sama


ご冥福をお祈りいたします
スポンサーサイト
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード