FC2ブログ

野生動物に餌を与えないで!

早朝のお散歩は気持ちがいい。

仕事のため最近は早朝5時過ぎから散歩を開始します。

早朝のお散歩は気持ちがいいけど、それと同時に悲しい事に出くわす事も多く、6月26日の朝から立ち直れずにいます。

早朝5時過ぎ、いつものように北斗と歩き住宅街に入りました。

すると、1匹の茶トラが私達の方へ向かって走ってきます!

えっ?!猫が?!珍しい。と思っていると、目の前にキツネが。

そして、そのキツネの口には子猫が。

茶トラは野良。

以前から近所にいる知り合いのガレージに来て餌をもらっていた子。

この子が妊娠したことも聞いていたし、5月産んだであろう子猫をくわえて移動していたのも見ていた。

そして、キツネがウロウロしていたのも知っていたので、キツネに見つからず早く大きくなって!って思っていた。

子猫が何処で暮らしているのか分からなかったので保護するにもどうする事もできたなかった、そんな最中。

あまりの事にどうしてよいのか分からず「どうしよう!」と立ちすくむ。

追いかけたらそのまま森に連れて行かれて見つけられない!と一瞬思い追いかけなかった・・・。

「だめーーーーーーー!」と叫びその場に座り込んでしまった私。

北斗がキツネに気が付けばもしかしたらビックリして子猫を離していたかも?

その後、子猫の行方は分からないまま。

すぐに親猫に餌をあげていた知り合いに連絡をすると、同じ時間その様子を家から見ていたそうで、とてもショックを受けていた。

どうやら子猫は3匹いたらしく、知り合いのご主人も知り合いも2匹連れて行かれるのを見ていたらしい。という事は3匹全て・・・。

カラスが執拗にキツネを追いかけていたので何とか逃げ切ってくれている事を・・・。

毎日毎日あの光景を思い出し忘れる事ができず苦しい。

忘れたい。と思ってたけど違う。

私は苦しまなくちゃいけない。

こんな事が起こったのは全部人間のせい。

山を壊してキツネが住めない。

民家に現れるキツネに餌を与えてる人間がいる。

野良ネコは人間が捨てたから増えた。これも人間のせい。

ガレージで餌をあげていた知り合いには半分費用を出すので今回の母猫と父猫の避妊去勢手術をするよう話をしてみたところ

本人も考えていたらしく近いうちに保護して病院へ行く予定。

こんな事が起こる前に防げたはず。

もっと早くに手術をすれば・・・。

妊娠が分かった時に保護すれば・・・。

私の責任は大きい。






プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード