FC2ブログ

矛盾の中で生きていく

私ね、思うんだよね。

自分って矛盾してるなぁ~って。

子供の頃テレビの映像を観てショックを受けつつも、不思議だなぁと思った事があったの。

何処の国だったかは覚えていないけど、そこの国は猿を食する国だったのね。
でね、国とは言えジャングルの様な場所。
ある女性の片手には可愛いおさるさんが抱っこされているの。
で、反対の手では乾燥された猿を川のような所で洗っている。
何とも妙な光景だった。

要するに,ペットの猿と食する為の猿がいるという事なの。

その国の食文化だから,それをどうこう必要性は全く無い。


私達もね、牧場に行って牛や馬の目を見て「可愛い」なんて言ってるけど、牛肉も馬のお肉も食しますね。

仔ブタを見て「可愛い~」って言うけど同じ。
ひよこを見て「可愛い~」っていうのも同じ。

以前もアップしたけど私達が食している鶏が誕生して出荷されるまでのドキュメンタリーをテレビで見た事があるの。

可愛い黄色いフワフワのヒヨコが大量に無造作に仕分けされる...........そして、食べられる為だけに生きていく。

合鴨農法も、元々人間の都合で作り出した生き物だと聞いたの。
アヒルとカモを掛け合わせて,ヒナのうちに田んぼの雑草や虫を食べてもらって農薬を使わずに美味しいお米を作る。

aiga11404.jpg

でも、合鴨が大きくなったら稲まで食べられてしまうから、合鴨さんのお仕事はそこで終わり。
合鴨さんの行方は?

食用になります。

中にはペットとして飼うという人もいるみたいだけど基本は最後まで頂くそうで........。

この間のダッシュ村観た人いるでしょ?

img_191774_9079923_0.jpeg

そういう事なの。

矛盾を感じるんだよね。

私自身、「可愛い」と思う命を頂いているんだもん。しかも、自分がさばく訳ではなく人にお願いしてね。
ズルいよね。

野菜も命。

血は出ないし,鳴かないから「可哀想」ってあまり思わないのかな?

冷たいよね。私って。

とにかくね、私達は命を繋ぐ為に命を頂いているという事を決して忘れてはいけないと思うんだ。
だから「もう食べれない」と捨てる事はあり得ない.......。ダメでしょ。


あの有名なさかな君は素晴らしいと思うのね。
ether_all.jpeg
お魚の事に詳しくて、そして何よりも大切に命を頂くあの姿勢は本当に素晴らしいと思う。
「可愛くて綺麗でしょ。ギョギョギョッ」と言いながら綺麗にさばいて美味しく感謝しながら頂く。

素晴らしい。

私はこれからも矛盾の中で生きていくんだなぁ。感謝の心を忘れない様に.......
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~。

そうそう、そうなのよ。いちいち同感するワタシです。
感謝していただく。人間だってたんぱく質やビタミン必要だし。

だから残して捨てるのは冒涜だと思うな。うん。

最近、ベジタリアンの人とつぶやき合ってたときも、矛盾は感じたのです。野菜ならいいのか?と。

そしてちょっとそれるけど、みんな同じ命という話題で、ある人が「ゴキブリはどうなん?俺は嫌いや。どうしてもゴキジェットする」と言われ、自分の中でも消化しきれていない。

でもゴキブリは人間の身勝手で命を粗末にされてる訳ではないと思うしなあ、と言うと、保健所に野良猫を連れて行く人は、このゴキジェットと同じ感覚かも知れへんと言われ、えーっそんな感覚って理解できないと思ったけど、考え込んでしまった。
毎日、矛盾だらけ。ただ、ワタシとしてはこういう疑問にぶち当たった時、自然環境の中で生きている動物達を思い浮かべてみる、置き換えてみる。そうして宇宙の法則というか不自然じゃないと思う方を選択するしかない。
結局、ゴキジェットの人に満足な回答はできなかった。

ひらベラさんはどう思われますか?しんどい話題ふっちゃったかも・・・。そうだとしたらゴメンナサイ。

aries327さんへ

こんにちわ。

えっと~ゴキジェット.........。

タイムリーな話しなんだけど、数日前、北海道出身の私に,北海道の人が「家にゴキブリが出たらどうする?」と言われたの。
そしたら、すかさず隣にいた同級生が「ひらは、虫も殺さないもんね」と言ったの。
私は子供の頃から虫を「ごめんなさい」した事はなかったのね。
とは言え、全てではない。
例えば歩いている時、アリがいるのを見つけたら瞬時に足を浮かせて踏まない様にしたりしていたの。

ゴキブリは,家に出たら.........ん~、見て見ぬ振り?
旦那君がいたら,旦那君が人並み?の対応をするけど。

ダニは、ごめんなさいするかな?ペットがいるから.....。
後は基本的に家の中に出たら外へ逃がすかな?

何だか大きな話しになってしまうけど、生きていく為には大きさは関係なく、何かに「ごめんなさい」して生きていくのは不可能だと思うのよね。
だって全てが命なんだもん。

必要のない命なんてないよね。


『保健所に野良猫を連れて行く人は、このゴキジェットと同じ感覚かも知れへん』と言う言葉。
あながち間違いではないのかもしれないかな?

だって、もしも私だったら....aries327さんだったら、野良ちゃんを見つけても保健所には連れて行かないでしょ。
でも、さっさと連れて行く人に「罪の意識」は感じられないもん。

考え方の違いだから難しいけど...........人間が一番偉い!と思っていると痛い目に遭うという事を忘れてはいけないと思うなぁ。
自然の猛威には勝てないからね。

ん~、答えになっていないけど。
ごめんなさい(汗)
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード