危険のないエネルギー

北斗のカイカイが始まった


一週間くらい前

もっと前かな


アチキと一緒にカイカイしとります



さて、寒い毎日、東京の賃貸マンション等は殆どが【灯油ストーブ禁止


北海道の賃貸マンションはどうなのかなぁ


北海道出身のアチキは考えられないんだけど…。


震災後、今まで以上に節電を意識するようになったアチキ。


そんな中《原発》が問題になってるよね。


改めて原発の怖さを知ったのはアチキだけだろうか





原発に頼らず、原発に変わるものはないもんか



ってアチキが考えても何も出来ないけど考えていた。



アチキの実家は未だ水洗トイレではないのだ。

小樽市はアチキの実家だけではなく、まだまだあるようだ。


でね、震災前からずーっと考えていた事があってね

『小樽は地震が少ないけど、もしも大きな地震があったら…』


アチキは自然児(←児ではない


何かあっても、この場所(実家)に住んでいるアチキなら、何とか生きていけるだろう…と思っていた。


何故かと言うとね


普通(←何をもって普通と言うのかは個人差はあると思うけどね)の人はアチキの実家で、春夏秋冬を通して住める人は少ないと思うの。



電気は使えるよ


水道も勿論


トイレも勿論


ただね、草刈りも頻繁にしないといけないし、冬に至っては、物凄い積雪量だから



十数年前の冬、実家に帰省した時、何十年振りだったかなぁ。
ものごっつい雪が降ってね



たまたま帰省していた兄貴が、車を駐車している場所(250m先)まで数時間かけて行って、車を掘り起こして『何で手伝いにこないんだよ』って帰ってきた(爆)



兄貴でさえ『あんな所には住まない』と言う実家



アチキから言わせると、あんなに強く生きられる場所はないのだ



って、ちょいと話はそれちまったけど


東日本大震災で被災された方々は不自由な生活を余儀なくされた。今も。


その中の一つにトイレの問題


水も使えない為、流す事も出来ず、不衛生で大変だったと聞いたの


人間がいる以上、必ず必要なトイレ


って事は、体の中から出る必要のなくなったものを利用出来ないのかな



【メタンガス】とか聞いた事があるし…



で、ネットで調べてみた。


そしたらね


佐賀県三頼村の天地農場には大きなメタンガス発生装置が稼働しているらしい。


人糞や家畜の糞や野菜のクズになってしまった物をメタンガスに変えて燃料として使っている



これって凄くない


捨てるしかない物をエネルギーに変えられるなんて


しかも森林伐採等も抑えられ、環境保全にも貢献できる



これが実現出来れば…

ただね…



アチキはただの一人のしがない素人。


ちょいと調べてみると、何やら色々とコストがかかったり問題があるらしく、なかなか…らしい



でもさ、


コスト等をかけない方法を考えて【危険】のないエネルギーが一般的になったら


こりゃ凄い事だと思わんかね


実家に帰って実験してみるか





そんな事が出来る脳みそをアチキがもってるか


ないな



でもさ


何も出来ない事はない。


うん。


あっ


おしっ


おしっ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード