ありがたいけど…感謝だけど…厳しい~っ!

10ヶ月振り

10ヶ月振りにですぉ~

スタジオに行けましたぁ~


オーナー夫妻は『ゴールできたね』なぁんつって言ってくれるし、スタッフは『お久し振りで~す』って迎えてくれるし


生徒さんは『あら先生~久し振り~どうしてたのぉ~』って声をかけてくれるし…



感謝感謝ですわ



アチキは今の体調、生活、そして、いずれは北海道に帰る予定も話し、スタジオを辞めさせて頂こうと、その旨を伝えた



んだけど、


『ボクは医者じゃないから分からないけど、いいんじゃない来れる時に来ればさぁ』



『へっ


『ねぇ』とオーナー夫妻


『いやっでも北海道に帰る事を前提で続けるのは…



『まぁ深く考えないでさっせっかく来たんだからレッスン手伝ってよ』


『えっいやっ着替えも持ってきていないし…』


『シューズはあるんでしょ


『はい


『じゃあ、大丈夫


『え~~っ



ってな訳で2時間レッスンをする事に(^_^;)



『後1時間位やっていかないルンバだし』

『いやいや先生、無理ですっ


『じゃあ次は明日来る全然大丈夫じゃん。踊れてるし問題ないじゃん。明日が無理なら明後日ね。あっ。シューズは置いていくんだよ。持って帰ったら来なさそうだから人質ならぬ靴質じゃぁ~


『あっ…いや…辞める話は…


結局『待ってるね~』ってオーナー夫妻とスタッフに見送られながらスタジオを後にした


あたしゃ何をしに行ったのか


今朝は筋肉痛でござる。

ズンバは筋肉痛にならないのに(-_-;)


やっぱりね……《鬱病》っつってもさ、見た目が普通なだけに(しかも太ったし)具合は決して良くは無いと言っても、【大丈夫】と思われてしまうのだ



うーむ。



色々説明して、それをちゃんと聞いてはくれるけど…



なかなか難しいのぉ。


だけど、こんなアチキに辞めろ!とは言わず出来るならゴールしようよって言ってくれるオーナー夫妻に感謝


ただ…


今は…


厳しいのぉ。


あぁ~この体…悔しっ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード