社交ダンスの黒い部分

『にゃぁ~~~~~


『長っ


です。


朝ご飯を催促するのは大体、北斗か凛だったのに最近は夏が催促



時計を見ると7時


へいっ。起きますか…。


さて、今日も一日が始まってしまいましたぉ~(^_^;)


スタジオに行こうと思っていたけど無理だ(-_-;)

休む事《を》しよう。



以前も書いたけど、今も変わらないようなので言ったるのだ


アチキが社交ダンスの現役選手だった頃から


『おいおいっ。それってどうなのよ』って思う事があるのだ。


それはジャッジについて…。


社交ダンスの試合は、出場する人数にもよるけど、いくつかのヒートに分けられるのね。



会場の広さにもよるけど1ヒート数組が約1分半踊るの。


ジャッジは、その時間内に選手をチェックする。


でだ


何が問題かと言うと…。

踊っている選手を見ずに、チェックシートだけを見てチェックするジャッジがいる(悲しいかな。これが現実なのだ)



勿論マジメなジャッジもいるよ。


だけどね、何処のスタジオの選手かを見て、それだけで残すジャッジもいる


試合の前に『うちの選手が出るから宜しく』なぁんて言うオーナーもいて『はぁ何で、この選手が残ってるの』って観客も思う選手が残っている事がある。



そんなアホなジャッジは男性が多い。


女性のジャッジは比較的、厳しい人が多いから【信用】出来るのは女性のジャッジかな
アチキはね。



選手の中にも、良い成績を残す為に、そんなジャッジのスタジオに、わざわざレッスンを受けに行く選手もいる。



馬鹿みたい


そんな事は昔の話かと思いきや、今もあるらしい



アチキが富山の試合にエントリーし、当日行けなくなりキャンセルしたけど、ジャッジのチェックシートには【東部】と書かれたアチキ達カップルの名前が消されず残されたまま…。







アホなジャッジ数名(←ほぼ全員)が出場していないアチキ達カップルをチェック



いない選手が予選に残っているのだ
【東部】と言うだけで残る。


これでお分かりでしょう。


いかに適当なジャッジをしているのか…。


踊りなんて見ちゃいない

チェックシートしか見ていないのだ



アチキは最近、聞いてみた。


今の現役選手と引退した選手に…。


『どう思うこのジャッジ。疑問に思ったり憤りを感じているのに、どうして言わない

返事は『怖いから』だった。



反発すれば、どんなに良い踊りをしても予選にさえ残らない。


『あいつ嫌いだから残さない』って事になるのだ。


みんな不満に思っているのに…。


ある意味、八百長なのだ



選手だったアチキが言うのも何だけど、そもそも社交ダンスを競技にする事に無理があるのでは

と思うのだ。



陸上みたいに、数字にして結果が出る訳じゃないからね。



競技にするなら、裏の黒い部分を削除していかないとね。って思う。



団体も昔は一つだったのに、いくつにも別れてしまって選手にとっても、観客にとっても、今ひとつ盛り上がりがない



何とかならんかね。

社交ダンス界よ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード