山田さんのキムチ

また、こんな時間に目が覚めてしまったアチキはお婆ちゃんか



昔の特技は【いつでも独立でも寝れる】だったのに…。


今や眠剤無しでは眠れんのだやれやれ。



この早朝に目が覚め、何故かアチキの頭の中から聞こえてきた声は【山田さん】だった。


アチキが鬱病になる、ちょいと前、東中野のとある場所で働いていた時のこと。



早朝6時からの仕事の為、自宅を5時半に出ていた(当時、東中野に限りなく近い中野に住んでいたのだ。あ~便利


勿論、社交ダンスのスタジオにも行っていたし、現役の選手でもあったからハードだったぉ~


毎朝4時に起きて支度をして5時半に家を出て6時15分前に東中野に到着


11時まで働いて移動


12時から吉祥寺のスタジオに勤務9時に終り、また移動


入谷のスタジオに10時到着。


で、練習開始


練習は深夜1時2時3時まで続くのだ


帰宅が4時だと寝ずに東中野に行く事になる。


まぁ大体1時間はねむれたけどね



お風呂の湯船の中で寝る事も多かったなぁ。


そんな事を繰り返していたあの頃、東中野で一緒に働いていた山田さんという、とーっても働き者の韓国の女性がいた。


アチキと同じ日に面接を受けて2人一緒に合格をした。


早朝の仕事という事もあり、基本2人だけしかいない。


厨房には男性が一人いたけどね。


アチキと山田さんの【あうんのこきゅう】は素晴らしかった(#^O^#)……自画自賛ですな


山田さんは韓国の方でご主人が日本の方。

アチキよりも年上で面倒見が良く、いつも気にかけてくれていた。


彼女はキムチを作っていて、それを分けてくれるのだ。


辛い物が苦手なアチキが食べられる


デ~リッシャスなのだ
『今度サムゲタン作ってくるね』って言っていたけど、アチキが休みの日『韓国人のくせに!』と客にののしられ、それを見て見ぬ振りをしていたお偉い君に腹が立ち、アチキがその事を耳にした翌日『貴方の下では働けません』とアチキは辞めた。

山田さんが悪い事をした訳でもない


頭の悪い客が放った言葉。
そんな働き者の山田さんを見て見ぬ振りしたなんて…使えないオッさん。


『ひらベラさんが辞めたら山田さんも辞めてしまうよ~』と泣き付いて来たオッさん。


『知るか



この日、仕事の途中で辞めて帰宅。


山田さんも数日後に辞めた。


山田さん、今どうしているかなぁ。

山田さんのキムチ美味しかったんだよなぁ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード