生活保護受給者の数と自殺者の数

ちーっと重いタイトルだけど…。



決して他人事ではないのだ。


アチキの仲間には生活保護受給者がいる。



そして…自ら命を絶った仲間もいる。


決して遠い所でおきている話ではないのだ。



自殺者の数は史上最多を更新したらしい。


日本は不況と言いつつも他の国を見ると日本は《豊か》だなぁ…と思う時もあり…。



《豊か》とは、何を指すのか?と思ったり…。



生活保護受給者は59年振りに200万人を突破したらしいね。

しかも受給者は20代~50代の働き盛りの人達が多い。

収入の減少や喪失も原因の一つらしく5倍も激増しているって…。


生活保護とは【日本の生活保護法によって規定されている国や自治体が経済的に困窮する国民に対して最低限度の生活を保証する為の保護費を支給する制度】


人それぞれの理由で受給される訳だけど、長い間受給すると《就労意欲》をなくしてしまい、就労先の面接を紹介しても、受給者側から断るケースもあるらしい。



↑これって、どうよ


国や自治体は頭を悩ませてるって


そりゃそうだ。


そもそも受給する事になった理由は何よって思うだろうよ。


それに甘えてちゃダメだよね。



自ら命を絶ってしまう事…。


アチキの仲間が何を理由に亡くなってしまったのかは、未だに分からない。


ただ日頃から『死にたい』ともらしていたらしい。


仕事が無くなり路頭に迷って悲しい最期を選択してしまう人もいるだろうし、病気を苦に選択してしまう人もいると思う。


こんなアチキでさえも、その選択に追い詰められる時がある。



でも周りに助けられて生きているのだ



《助け合い》の気持ちさえあれば、この二つの壁をぶち壊せる……


と、思うけど…


そう簡単にいはかないものか



んー



とーっても難しい問題かもしれないけど、とーっても簡単な問題かもしれない



とにかくアチキ自身が自分を見失わないように…


ちょいとずつ歩いていこう


この二つの数が減る事を願って…。



おしっ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード