人の笑顔を見ると嬉しくて涙が止まらない

アメリカの温いサプライズ特集をテレビで観たアチキは涙が止まらなかった



子供の誕生日のサプライズ



号泣して喜ぶ子供



そして…妊娠を旦那様や家族に報告するサプライズ



涙が止まらない
ティッシュが山になるぅ。


赤ちゃんが産まれて、その子が大人になって、その映像を観た時きっと『こんなにも愛されて産まれてきたんだ』って思うだろうなぁ。



アチキは…アチキを産んだ人が大嫌いなのだ。



捨てられた傷は、なかなか癒されない。



数年前にはとどめを刺された(笑)



ははっ。この人はお話にならない



ってな訳で、アチキの中には残念ながらアチキを産んだ人の血が流れている事実は変えられず、その事で生活にちょいと支障が出てるのだ。あらら(^_^;)



でも、その事実は変えられん


っつ~ことは……アチキ自身が変らなきゃいかんのだ。



ふむふむ……。むふっ。時間がかかりますな



ただね、こんなアチキが今は亡き親父さんの言葉で救われたのだ。



アチキを産んだ人が予告なしに家を出てから数年後。



何をきっかけに親父さんと話をしたんだっけかなぁ。



親父さんが『こんな形になってしまったけど、ひらベラは、ちゃんと愛されて産まれてきたんだよ』って言ってくれたのだ。



兄貴が産まれた時の話はよく聞いていたけど、アチキの話は殆どない。



記憶にあるのは…『あんたはブサイクで誰も抱っこしてくれなかった』とか『病弱で大変だった』と言うアチキを産んだ人の冷たい言葉だけ(-_-;)


数年前に見つけた幼稚園の卒園アルバム。


集合写真にアチキの姿がない



なんでだ



知らん



まぁまぁ生きてりゃ色々ありますわっ。



色々あるからこそ、笑顔を見ると嬉しくて涙が止まらなくなるのだ。



これからも、いっぱいいっぱい、沢山の笑顔を見たいのだ~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード