故郷を離れたからこそ…

頭痛、食欲不振が、ちょいと続いとります。


皆様、体調を崩しやすい時期らしいので、お気を付け下さいましね



ささ、なかなか復活しない、おも~い体を無理矢理起こして北斗と少しだけテクテク






あらこっちには桜さんも



が降らない東京だけど、梅や桜が咲くと春を感じるのだ。



短い時間だけど北斗と散歩をしていると、一つの強い想いがアチキの心の中でいっぱいになる。



それは…



アチキの故郷【小樽】を元気にしたい



地元の人は【元気?】と思うかもしれない。



そんな事、意識していないかもしれない。



でもアチキは想うのだ…正確には感じるのだ。



アチキが子供の頃の小樽とはあきらかに違う。


活気がない。



久々に帰ると、シャッターが下りている商店街を歩きながら寂しい想いが込み上げて来る。



大好きな故郷小樽



沢山の人に知ってほしい。



小樽を離れたからこそ感じる事ができたと思うのだ。



小さいようで大きな事だけど、小樽を【昔の小樽】に戻したぁい



そしてアチキの生まれ育った桜町【現 桜】を桜の花でいっぱいにしたいのだ。



震災で大好きな故郷へ帰る事が出来ない多くの方々がいる。



アチキには帰れる故郷がある。



だとしたら…その故郷を今まで以上に愛し、小樽出身の人達が帰った時に優しい気持ちになれる場所にしたい。



勿論、小樽がどんな風に変わっても愛している事に変わりはないけど、子供やご老人、動物、自然に優しい小樽にしたい


出来ない事はない



諦めたら、そこで終わりなのだ



帰る故郷がある事に感謝して…。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

たまたま小樽の大黒屋デパートのことを思い出して検索したらこちらのブログにたどり着きました。
手動の扉が懐かしいです!

私も小樽出身、現在東京都在住です。
小樽、さみしくなっちゃって残念です。
状況して10年と少し経ちますが、離れてみて気付いた小樽愛♡
駅前や都通商店街の景色を思い出して懐かしくなりました。


別件ですが、被災地の瓦礫受入れに関しては、私も最初はなぜ助け合わないのか疑問でした。
でも色々わかった今、受け入れるべきではないと思います。
阪神大震災の時にはなかったお金の動き、被災地の本当の状況と地元の方々の言葉は全く報道されない事実。
政府は「絆」という言葉を簡単に使いすぎだと思います。

長いコメントすみません!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

PALママへ

お久し振りです。優しいコメントを有り難うございます。このブログが私だと気が付いて頂けて嬉しいです(#^O^#)ママはお変わりありませんか?震災後、翔とママに会いに行こうかと予定を立てていましたが私の都合で行けず心配していました。このブログの昨年3月17日【私を知る皆さんへ】に、当時安否の分からないママ達へ呼び掛けていましたが、電話でお話が出来て本当に嬉しかったです。
あの時のメンバーと『郡山に行きたいね』とよく話をしています。近いうちにママの顔を見に行けるといいのですが…。色々大変かとは思いますが、無理せずお仕事して下さいね。私も先を信じて乗り切ってやります(笑)

NINIさんへ

初めまして。コメントを有り難うございます。北海道出身の方は身近にもいますが小樽出身とは、嬉しいです。
大黒屋…懐かしいですね。あの頃は自動ドアはなかったような気がします。それだけに余計に懐かしいです。
小樽には映画館も沢山ありましたよね。
今は築港駅にあるだけでしょうか?
新しい建物も素敵ですが、古い映画館も魅力的でした。
本当に懐かしいです。


被災地の瓦礫に関しては、私の周りでもボランティアで被災地に行かれた方に聞くとテレビでは伝えられていない現実も沢山あり、悔しいと聞きました。

瓦礫を受け入れる事に関しては賛否両論ですよね。人それぞれ考え方があるから『受け入れない』『受け入れる』と意見が分かれるのは当然の事だと思います。
決して自分を正当化する訳ではありません。
NINIさんと同じように反対意見もあります。
正解等ないのかもしれません。
だからこそ、解決に向けて、もっと考え動かなくてはいけないのでは…と思ったりもします。
時間のかかる事だとは思いますが全てが良い方に向かう事を願っています。


懐かしい小樽を思い出させて頂いて有り難うございました(^_^)
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード