淋しくない、ともしび

只今、鬱病まっただ中のアチキですけど何か(笑)



アチキね、19歳の時に眩しい程の【夢】を胸に上京したのだ




アチキにとって大都会東京での生活は毎日が新鮮で、毎日が【夢】そのものだった



知り合いは兄貴だけ(←兄貴は身内だ 笑)



ホームシックって言葉を聞いた事はあるけど、アチキの辞書にその言葉はなかった……くぅ(>_<)かっちょえ~←自画自賛



毎日バイトしながら役者になるには…って劇団に入団して…。



稽古場がある新宿で毎日稽古して…



本当に楽しかった



そ~んな毎日を当たり前のように送っていた訳だ



でも、それは決して当たり前なんかではなく、健康だからこその毎日だったんだと、40歳を過ぎた今、全身で感じさせて頂いとります(^_^;)



踊る事もできなくなった今、アチキは『このまま朽ち果てていくのもなぁ』って考える日々




『おいっ、お前やりたい事はないのかっ』って自問自答。




今は何かを…っていう気力は沸いてこないけど、一つ




数年前、田舎に帰ろうとネットで田舎での仕事を探していた。



そしたらね、バイトだけど【キャンドル屋さん】←他に言い方はないのかが募集していたのだ



結局、田舎には帰らなかったから、その募集先に電話をする事もなかった。



ただ、やっぱりちーっとばかし気になる。うぅ~む。



あれから月日が流れて~。やっぱり気になる(笑)



そんな中、震災があった。



停電で暗くて寂しい夜を過ごした人も多かっただろう。



亡くなった命に【あかり】を灯したくても寂しくて出来なかった人もいただろう。



そんな事を、ふと思った。



そして、いつか【淋しくないともしび】を灯す事はできないか?と考えたのだ。


【淋しくないともしび】とは何か?



と思う。今はね。



だけど、実現できたら…淋しいと感じている人の心に優しい明かりをともす事ができたら…。




おこがましい。



あまりにも、おこがまし過ぎる。



だけど、思うのは自由でしょ。



だから、今はフワフワ~って考えてるのだ。



淋しくないともしびを。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード