この子たちを助けて下さい!

【全ての生命を尊ぶ会さまのブログより】
☆以下から転載です☆

徳島県在住の方からメールがあり、徳島県の動物たちを一頭でも助けて欲しいという内容でした


徳島県動物愛護センターでは毎日のように迷子の犬や猫が連れてこられ

その多くが殺処分となっています

わたしの住む自治体の施設の「兵庫県動物愛護センター」と「神戸市動物管理センター」では

迷子で飼い主の迎えの来ない子を引き取りたいと言っても飼い主以外には渡してくれませんが

徳島県では審査などをしたうえで譲渡をしています

担当者に電話で聞いてみましたが、わたしのように保護活動をしており保護して里親さがしをする
人間は、譲渡対象を徳島県内在住の者と限っているそうですが一般家庭で飼う方であれば県外在住の方も対象としています

ただ、講習を受ける等規則があります

このように全国でも自治体によってやり方が異なります

助けることができる子は助かって欲しい

徳島県動物愛護センターの収容動物情報がインターネットで見れます

収容期限は1週間です

殺処分になる子の写真をみるのは辛いですがこれが現実です


大人も子供もまず現実をしっかり受け止め自分なりに考える

助けようと思う人間は行動に移す

そうすることで優しさの輪がひろがり悲惨な目に合う動物たちを救うことが出来ます

知らなければ何もはじまらない

やらなければ何もはじまらない

どうかみなさん見てください

感じてください

この子たちの痛みを・苦しみを・不安を・悲しみを軽減できるのは

感じてくれるあなたです

どうかどうかよろしくお願いします

http://our.pref.tokushima.jp/aigo/06stray/index.php

全ての生命を尊ぶ会
(078)591-2415 井上


・・・・・・・・・・・

ここからは、私ひらベラです。



何故?どうして?いつになったら分かってもらえるの?



と思ってから、どのくらいの月日が流れたのだろうか…。



殺処分に使う【税金】を生かす為に使う事はできないのか…。



生かす為のシェルターを作りたいとずーっと思っている。



田舎に帰り、同じ志しを持っている方と、早く話し合いたい。



一日も早く。


1分でも早く。


1秒でも早く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード