忘れない。正丸峠に眠るペット達

5月になると思い出すのだ。


2年前、犬仲間ポムママのブログで知った《正丸峠の事件》



ペット火葬業者が、飼い主さんから預かった大切なペットの亡骸を埼玉県の正丸峠に捨てていた、あの事件。



当時、どのくらいのペットが捨てられているのかニュース等でしか分からなかった。



500体とも言われていた。


その後、ボランティアさんを募り、残されているであろうペット達を探している事を知り、微力ながらアチキも探しに行ったのだ。



翌年だったかな?犬仲間【塩キャラメル】のパパも現場でペット達を探しに行ったと聞いた。



アチキが初めて現場を見た時、既に警察が【見える範囲】の子達を連れて行った後だった。



峠の壁を下りると、あちこちに黒いビニール袋が…。



そして、そこには白骨化したペット達が、時には首輪やハーネス等と一緒に眠っていた。



大切にされていたんだろう。


毛布に包まれた子もいた。


オモチャも一緒に入っていた。



当初、猫は一般ゴミと一緒に捨てれたと聞いていたけど、峠に捨てれた子もいたようだ。




あんな酷い事があっても、次から次へとペット関係の事件はなくならない。



何でだろうね。



悔しかったよ。



500体…なんて言ってたけど、千単位だろうな。

アチキは2日間しか行けなかったけど、その2日間で見つけた子の数を考えると…。



二度とこんな事件が起こりませんように。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード