子供達への虐待を防ぐ、些細な方法

毎朝5時やら4時やら北斗&凛に起され寝不足のアチキ。




今日はゆっくり寝てやると意気込んだものの…3時半に目が覚めてしまった。



『店長~いつもの追加~』って眠剤を飲みまくりベッドへダイブ



その後も何度となく目が覚めて『んも~』と牛さんになるのだった。


以前、小樽で調べてもらった時に《慢性の寝不足ですね》と言われたけど、今も変わっておらんのじゃな



凹むぜ



でも凹んだところに何か埋めりゃあいいんじゃろ


やってやろうじゃないの


ふっ


さてさてアチキごとですが、アチキには子供がいません。


子供は可愛いよ


赤ちゃんなんて見たらヘラヘラしちゃうしね。


でも…アチキは自分を産んだ人を心から許す日が来ない限り、アチキが赤ちゃんを授かるのは《皆無》なのだ。



っつ~訳でアチキは最期まで一人なのだと思うのだ。



寂しい


全く


今すでに3匹の子育てに追われているから(笑)



昨日も北斗と歩いていたら産まれて1ヶ月も経っていないような赤ちゃんを抱っこしたママさんみっけ



幼馴染みの子供達と触れ合う機会が多かったからオムツも代えられるし、ミルクも離乳食もあげられる♪



こんなアチキだけどベビーシッターの経験もあるから、周りで赤ちゃんが産まれると、可愛くて何かしてあげたくてウズウズするのだ




昔の勤務先のスタッフに待望の赤ちゃんが誕生



離乳食には、まだまだ先だけど、あたたかい木のぬくもりを感じるネーム入りのスプーン&フォークをプレゼント



喜んでもらえたよぉ。大きくなったらダンサーかな


楽しみなのだ



そんなそんな可愛い赤ちゃんや子供に対する虐待、虐殺のニュースは減らない。



アチキの子供はいないけど、友人や親戚の子を見て『何故抵抗できない我が子に虐待をするのか』と憤りを感じるのだ。



ご近所付き合いがあれば防げる事も沢山あるとアチキは思うのだ。



プライベートなことだから…



と、関わりを避ける人もいるけど、子供達を助けるのはアチキ達、大人の役目ではないだろうか?


ご近所さんと、程よい距離感でお付き合いできると、こんな悲しい事件は起きなくなるはず。



悲しい事件がなくなりますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

子供への虐待。
聞きたくない言葉です。

自分に子供が出来るまでは「酷いな~」くらいにしか思っていませんでしたが、子供が出来てからは、我が子の事のように苦しくなります。

年齢だけ重ねているけど、まだ大人になれていない人が子供を作り、育て切れずに虐待に繋がっているように思います。

折角通報しても、児童相談所に権限が与えられていない為に助けられなかった例も沢山あるみたいです。

ひらベラさんの言われている通り、ご近所との関係がもう少し近くなって、通報しやすい状況を作り、児童相談所にもっと権限を与えて、疑わしい時は強制的に踏み込めるようにして貰いたいです。

ぐーぱぱさんへ

大人が子供の心のまま赤ちゃんを産む。そして、私の時代の頃の様にお婆ちゃん等と一緒に暮らす事が少なくなった事で《家》という密室の中、子供と向かい合い虐待が生まれる。虐待にも色々あると思いますが、防げる事は必ず出来るはず。児童相談所が踏み込めず、最期まで親を愛していたであろう子供が亡くなったという悲しいニュースも耳にした事があります。虐待されている子供は決して親を悪くは言わないといいますね。そして愛し続けると聞きました。切な過ぎます。どんな些細な事でも構わないので《?》と少しでも感じたら警察に通報する勇気を持って頂きたいと強く思います。こんな悲しい事が起きないように…。
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード