崖っぷち犬のその後

さぁて、今日も快晴


ドライブ好きなアチキ

本来なら原チャリにでも乗ってブラブラしそうな所だけど…(車がないからね(^_^;))



全く乗る気になれず…



原チャリ君が泣いてるでぇ~



今日もアチキ…『めちゃめちゃ陰気やでぇ~


アチキの様に何だか【やる気スイッチ】が見つからない方



ゆっくり、まったり生きていこうぜよ




さて…



北斗との出会いで、アチキは色々な事を知る事となったのだ



それは、悲しかったり、苦しかったり、嬉しかったり…



子供の頃から自然の中で生きていたせいか、自然が壊れていく事、壊されていく事……



自分の生い立ちもあり、苦しんでいる子供達をアチキなりのやり方で、何とかして手助けする事はできないものか…と模索



誰だ



『お前が早く治れ』と



へいっ。がってんでい



北斗は北海道余市の保健所から我が家にきた



北斗は『厄介な飼い主の元に来ちまったな
と思ってるかも…


すまん今からバンカイするぜよ


あっ、また伝えたい事が…


ぐーぱぱさんのブログで知ったのだ



【崖っぷち犬】覚えてますか


今、あの子がどうしているか…以下をお読み下され
※転載
--*--*--*--*--*--



’06年11月、徳島県で高さ40mの崩落防止用コンクリート枠に迷い込んだ犬が、“崖っぷち犬”と呼ばれワイドショーを席巻。保護されたあとは、抽選で里親に選ばれた60代の主婦が、「リンリン」と名付け飼育していたのだが……。

「今は当施設にいます」と教えてくれたのは、徳島県動物愛護管理センターの矢野さやか係長。

「引き取りから1年半経った頃、里親の方の家から逃げ出してしまい再び野犬化。もう一度保護したんですが、また逃げ出す可能性や里親さんが体調不良になってしまったことも重なったため、当施設で飼育することになったんです」

 なかなか波瀾万丈な人(犬)生。

「今も見知らぬ人に触られそうになると固まって動かなくなるんですが、当施設のスタッフには慣れていて、喜んで散歩にも行きます」

 にしても、野犬だったリンリンは殺処分されたりしないの?

「確かに野犬は殺処分の対象ですし、実際に去年だけでも当施設で1788頭の犬を処分しました。我々は図らずも有名になったリンリンを飼育することで、リンリンと同じような境遇の犬や猫が年間何千頭と殺処分されているという現実を訴えていきたいんです」


--*--*--*--*--*--



だとさっ


この子の里親が抽選になった時、同じ施設には殺処分まじかの犬達がいたにも関わらず…



その時、他の犬達に里親が見つかる事はなかったという



何だろうね




あの時、崖っぷち犬の里親になった方は年配の女性



家族がいたのかもしれないけど、アチキは『大丈夫か』と思っていた


あの子はまだ若い犬



里親は60代



むむっ。



犬の寿命と自分の年齢を考えると…


それを良しとして引き渡した側にも問題があるとアチキは思うのだ


あ!大事なこと言っておかなきゃ


家族構成まで調べて抽選にしたのなら別ね



『お前がそんな事を言える立場か?』と思う方もいるでしょう



はい。おっしゃる通りです



ただね



アチキは、北斗や凛や夏の事で、いーっぱい失敗しているのだ



だからこそ



アチキと同じ間違いをしてほしくない



自分の事を棚の上にあげて話している訳ではない


反省しまくりですよ



大切な命に対して、はきちがえた考え方をしているのかもしれん



ただ


今のままではいけない事が山程あるとアチキは思うのだ



自分の病気の事


我が家のペット3匹の事がおざなりになって何ができる



何もできんじゃろ


だね



んじゃ


治療を続けまっか



へ~い
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード