決して許せない【性犯罪】

【犯罪】


アチキは、この言葉を犯した奴を決して許せないのだ


【犯罪】と言うその中の一つ

【性犯罪】



アチキは女として産まれてきたので、若い頃は電車で痴漢に遭ったり、道を歩いていて襲われかけた事もある



世の女性は痴漢に遭うと怖くて声も出せない…と言う人が多い



でもアチキは絶対に許せない相手の好きなままにはさせない



だから、襲われかけた時は相手を振りはらい、逃げたその男を追いかけた


どんなに相手が小柄な男性であっても力はある


それはアチキが男仲間とふざけて力比べをして身をもって感じた事



と言う事は、自分よりも大柄な男に襲われたら身動きができないだろう



最近、ある人と出会った



そして彼女が【性犯罪】の被害者であり、自分の経験を多くの人に伝え、【性犯罪】の被害で苦しんでいる人達を助ける運動をしている事を知ったのだ




【性犯罪】の被害を受けた女性の5人に1人は自殺をしていると言う



彼女が負った心と体の傷は未だ消える事はない



21年前の7月○○日



彼女は20歳の誕生日を迎えて6日目に被害に遭った



アチキは会ったばかりの彼女ではあるけど、先月彼女と一緒に祈った



彼女そして、彼女と同じ心の傷を持っている女性の心が癒えますように…そして同じ事が起きないように




今日ヤフーニュースで、こんな記事を目にした

--*--*--*--*--*--



性的暴行被害の英国女性が写真を公開 犯人逮捕へ広がる支援

産経新聞 [8/5 11:21]
ヒューソンさんの写真公開について報じる英BBC放送のウェブサイト(写真:産経新聞)
英国で3年前にレイプされた女性が、被害直後に自身の写真を公開して捜査情報の提供を呼びかけている。女性は事件で肉体的な傷を負っただけでなく、精神的にも深いダメージを受けたが、事件は未解決のまま。あえて被害者として公の場に姿を出すことで事件の風化を防ごうという決断だ。この勇気ある行動に犯罪防止活動を手がける民間団体が有力情報に報奨金をかけるなど、英国内に支援の輪が広がっている。

写真を公開したのは、英国北東部ノーサンバーランド州に住むステファニー・ヒューソンさん。2009年8月2日午前2時半ごろ、当時23歳だったヒューソンさんは一緒にいた友人と別れて一人で歩いていたところ、近づいてきた男に路地に連れ込まれレイプされた。

ヒューソンさんは今年7月5日、警察のウェブサイトを通じて、被害直後の自身の写真を公開。事件での被害や、その後の心理状態などについて自ら語る映像も動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した。

ステファニーさんは事件で深刻な被害を受けた。通行人の通報を受けた警察が現場にかけつけたとき、ステファニーさんは動転した状態。顔を何度も蹴られたため眼底に傷がついたほか目の周りにはひどいあざができていた。鼻の骨は折れ、唇も切れていたほか、背中は傷だらけで、肩や頭、あごも腫れ上がっていた。

ステファニーさんが負った傷は肉体的なものだけではない。

事件後は精神的なショックから、仕事に出かけた時でも車から降りるのが怖くなり、外が暗くなってからはスーパーに買い物に行くことすらできなくなってしまった。ステファニーさんは「今、生きていることが奇蹟のようだ。私の人生は完全に変わってしまった」と話す。

警察は事件後、周辺の聞き込みを行い、いくつかの有力情報を得たが、容疑者の特定には至らないまま約3年が経ってしまった。しかし、ステファニーさんの写真公開後、英BBCなどが事件を改めて報道したことで関心が高まっている

短髪で青いシャツを着た20歳代後半とみられる白人男性が、ベルトを締め直すような仕草をしながら歩いている様子が映し出された事件現場周辺の防犯カメラの映像にも注目が集まり、警察には再び目撃情報が寄せられているという。

警察は「若い女性に対する汚らしい犯罪だ。捜査は絶対に終わらせない」として、事件に関連する情報の提供を呼びかけている。

英民間団体「クライム・ストッパーズ」も、事件解決につながる有力情報に3千ポンド(約37万円)の報奨金をかけると発表した。クライム・ストッパーズのデーブ・ハンター氏は英紙ガーディアンの取材に、「レイプ事件の被害者が公の場に姿を出すことは大変な勇気がいることだ。容疑者逮捕のためにどんな情報でも提供してもらいたい」と話している。

ステファニーさんは「お酒を飲んだときは特に、誰か自分を守ってくれる人が必要。若い女性は、誰かと一緒にいるかタクシーに乗るかして、安全に自宅まで帰る手段を確保するようにしてもらいたい」と呼びかけている。

英国政府の調査によると、英国では16~59歳の女性の23%が性犯罪の被害にあった経験があり、なかでも16~24歳の女性は45~59歳の女性に比べて約4倍も被害に遭いやすい。また5%の女性は強姦被害の経験があるとされるが、全被害のうち15%しか警察に届けられないという調査結果もあり、犯罪被害の全容をつかみきれないのが実態だ。




--*--*--*--*--*--


ここからはアチキひらベラです



この記事でも分かるように被害に遭った女性の殆どが泣き寝入りだ



そこに付け込んで犯罪はおさまる事はない




アチキ絶対に許せないのだ



顔写真を出した、この女性


とても勇気のいる事だと思う



でも彼女のおかげで勇気をもらった女性も多いだろう



アチキが知り合った彼女も、自分の経験を包み隠さず、勿論顔写真もアップして活動をしている


こんな犯罪が起きないに越した事はない



でも、もしも被害に遭ってしまって苦しんでいる人がいたら



アチキは無責任な事は言えない


けど


助けてくれる人は必ずいる



必ず
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード