都会にもバイオトイレを

良いお天気でござる。今日が立秋とは…誰が決めたんだあぢぃぞいっ

また今日一日を無駄な日にしてしまうのか…アチキ次第



さて


アチキの実家は山の中にある



アチキには見える道も、友達に言わせると獣道だそうな(¬_¬)



誰に何と言われようともアチキは山の中にある実家が大好きなのだ



ただ…



親父さんが、たかーい空にバイバーイって行った後、アチキは役所やら水道局やら近隣の土地の持ち主と激しいバトルを続けていた


水道局に至っては、電話で心ない罵倒を受け、電話を切りアチキは速攻で原チャリをぶっ飛ばし殴り込みにいったのだ

今でも忘れん
本木っていうオッサンがアチキを『てめぇに渡す物なんて何もねぇ』と受話器の向こうで言ったのだ。そりゃ殴り込みにいくでしょ。女だからってナメんなよ




その後、実家に住むには色々と問題があった



一番問題なのはトイレ


水洗


いやいや今や懐かしの汲み取り式ですよ(^_^;)



って事は、汲み取りの車が入れないとかなり困る


今まで悪戦苦闘しながらも乗り越えてきたけど、やっぱり考えねばならぬ

う~む



そこで以前から興味があった【バイオトイレ】


よく、登山などする山にある、あれですよ



ただね、まだまだ改良の余地あり



実際に設置するには慎重に…



で、思ったのだ


震災があった時、トイレの問題は大きかった



そこでアチキは思った


東京も【バイオトイレ】に、もっと注目すべきでは



とは言え、もの凄い数の人を【バイオトイレ】だけでまかなうのは難しい…と思う




そして電力も必要



ただ調べてみるとこんな事が


--*--*--*--*--*--
【バイオトイレ】

電源なし 撹拌を手回し・足漕ぎ等の人力で賄い、加熱も行なわずに自然の状態で分解・堆肥化を図る方法。ただし、空気循環・強制排気のためのファンは必要と思われる。ファンの必要電力は一般的に数10Wであるので、小さなソーラーや風力などの簡易な発電設備があれば対応できる。



--*--*--*--*--*--


もしも可能になれば、それを肥料にしてコンクリートだらけの都会を緑でいっぱいに出来る事も可能なはず



渋谷にホタルが飛ぶ日も夢ではなくなるはず



アチキはそう信じたい


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード