悲しい知らせ

昨日の朝から入院していた猫のリッキー


北斗の命の恩人の大切な飼い猫


昨日の朝『リッキーが危篤で入院した』とメールが届いた



何もできないんだよね


悔しいけど、ただただ祈るしかなかった


そして今日『さっき亡くなりました』と……。



彼女は仕事をしながら、動物の保護活動をしているのだ


犬や猫に限らず、自然界に生きる動物の事も考え勉強している彼女


リッキーが亡くなる前に『命はいずれ……でもリッキーがいなくなったら』と言っていた


彼女が心配だけど、どうする事もできない


ペットに最期が来る事を日頃から考えているけど…


実際に北斗、凛、夏の最期がきたらアチキは、どう受け止められるだろう




まだまだ先の話?


寿命を考えると先だけど、いつ何が起きるか分からない


だからこそ、最期のその時を考えなくてはいけないと思うのだ


東京は特に、庭でもないかぎり、火葬して…という事になる


縁起でもないと言われるかもしれないけど、アチキは3匹に、その時が来たら3匹が眠る場所を決めているのだ



これからペットを家に迎えようと思っている方には是非、最期の事まで考えて頂きたいと思うのだ


正丸峠に捨てられたペット達のように悪徳葬儀屋に騙されない為にも



リッキー


よく頑張ったね


お疲れ様


いつか会える日を楽しみにしてるね


リッキーのご冥福を心から祈っています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード