アチキは幸せな~のだ(*^^*)帰る家があるのだから




重っ



狭っ


…………。


目が覚めると、北斗が右腕辺り、凛が右足首辺りで寝ておる( ̄▽ ̄;)



そりゃ悪夢も見るわいな


今日も汗だくで目が覚めた(--;)


夢はいくつか見たと思うけんど、久々に親父さん登場



んが


内容は……



地震が起きビルの上から硝子が降ってくるのを手で顔を覆いながら逃げる


んで



汗だく



11月だというのに汗だくって…


誰にだっけかなぁ


更年期じゃないのって言われたの



………かもね(* ̄ー ̄)




今年もあとチョッとかいな

って冬の実家の事を思い


『今年の冬も雪に耐えてくでぇ~』と願うのだ





どんな家


そんな家(笑)


でもアチキにとっては、親父さんが残してくれた大切で大好きな家なのだ



そりゃあーた


見たこともない虫も出るし、キツネも出るし、リスも出るし、キジも出るし、ヘビだって、ネズミだって出るのだ



家の中は真冬になれば白い息が出るほど寒くなる


北海道の建物って暖かいと思ってるでひょ



ハッハッハッ


我が家に断熱材なんぞ入っちゃおらんのじゃ

冬は洗濯機の水が凍り、お風呂場の窓には綺麗な氷の結晶ができ(爆)

道がないから、灯油を買うときは、こうやってソリで運ぶ
真冬に300メートルの道なき道を、胸まで雪に埋もれながら、10コのポリタンクをソリに積み、運んだ事もあっただよ~

お嬢様……いや……そこらの男子も、根をあげるような家


ぷっ

灯油屋さんの兄ちゃんが、途中で根をあげていたくらいだから(^_^;)
そんな家でもアチキは大好きなのだ


そりゃ今まで色々言われたぜよ


『こんな所、人の住む所じゃない』

とか


『夏の別荘地としてはいいよね』


とか


『冬は大変だよね』

とか


『ただでも住みたくない』


とかね



ただ、その反対に


『ここに住みたいから、東京にいる間、住まわせて』という仲間もいた

オンボロの我が家が落ち着く~と、部屋を綺麗に模様替えしてくれてた(笑)


だからね


価値観だと思う訳ですよ


考え方の問題もあると思うしね


ただね


アチキは幸せだと思う訳ですよ


どんな事になっても、帰る家があるのだから



アチキと親父さんが大好きだった家


思い出た~ぷりの家



どんなにオンボロでも、アチキにとっちゃ~、大切な家なのだ



隠れ家みたいなもんかいな(^_^;)


昨年2月22日 ニュージーランドで大きな地震があり、多くの方が犠牲になった



その17日後の3月11日 東日本大震災


アチキには想像できない程の多くの方々が家や家族、全てを失った


あの大きな震災から逃れたものの、家族を失ったショックから自らの命を絶った方が多くいるとも聞いた



生きていれば色々ある


何もない人なんていないのだ


………って思うのだ



あの震災の時だってアチキは、たまたま東京にいたから、今を生きているけど


もしもあの時、被災地にいたら…


こればかりは分からないのだ



ニュージーランドで被災し、仮設住宅に住んでいる方はこう言っていた


『私は今、幸せか不幸かと聞かれたら、幸せです。家を失い、新しく家を建てる事はできませんが、私は、屋根のある家(仮設住宅)に住み、愛する妻もいるのですから』と…



アチキは思うのだ



人間には欲がある



その欲は、上を見れば限りなく永遠なのだ



だけど、どうだ


何が本当の幸せか


それは


その人によって異なる



と思う訳なのだ


アチキは上京し、劇団に入団したその時から《貧乏》のレッテルをはられた(笑)


んで、劇団を辞めた今も尚、変わらない(^_^;)


くっくっくっ


確かに、お金がないと卑屈になる(←経験上)



でも、厄介な病気と仲よしになりつつも3匹に囲まれ過ごす日々は、すんごく幸せで贅沢な事だと思うのだ



アチキには帰る場所がある


親父さん


あ~りがっとさ~ん



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ふるさと

生まれて、家族と過ごし、育った場所
今も変わらず残っていることが 最高だね!
便利と不便 それも楽しんじゃおうよ
 豊かだね~

ぱぱさんへ

兄さえ『あそこの家には帰らない』と、何年も帰っていないんですよ(笑)不便と言えば、とーっても不便。でも、ぱぱさんの言う通り不便を楽しむと、そりゃ~もう楽しいんです♪ソリに灯油と北斗を乗せて走ったり(^_^;)とっても贅沢だと感じています。
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード