鬱と死 ~残された者の想い~

お察しの通り病気のお話

ブルーになりそうな方はスルーしてくれなはれ



さて


鬱病と一言で言っても症状は様々


そして


アチキが思うに

例え同じ症状であったとしても、患者にとっては感じ方も様々だと思う訳



ただ


アチキも含め、周りで鬱病に悩まされている方々は皆、一度は【死にたい】と脳裏を横切るのだ



そこで


それを実行してしまう人と、何とかやり過ごせる人に別れるのだ


アチキは今のところ、やり過ごせている


だけど


残念ながら


実行してしまった方を数人知っている



そんな時…残された人は…


こうしてあげれば良かった


あぁしてあげれば良かった


そう苦しむのだ


アチキも少なからず、そう思っている一人なのだ

自ら命を絶つなんて卑怯だ!と言う人もいる


仕方がなかったんだと言う人もいる


考え方は人それぞれ


アチキは


同じ鬱病という病気とお友達である立場から言わせてもらうと



……


どんな理由があっても


自ら命を絶ってはいけない…と思うのだ


ただ…


ただ…


アチキも何度か実行しかけた人間として


それほど苦しい病気なのだ。理解してもらえんだろう。


見た目に分かりにくい事、未だに気合いが足りない!と言われ、理解されにくい病気なだけに、孤独な闘いをしている患者は少なくないと思うのだ



アチキはありがたい事に、周りの方々に助けてもらっている


勿論、理解してもらえない場合もあるけどね


だけど理解してもらえなくていいとアチキは思うのだ


そう思えるようになるまでに数年かかったけどね


理解しなくていいから、傷付くような余計な事を言わんでくれっ


と思うのだ


アチキごとになるが


アチキの大切な仲間が今年ガンに侵され、抗がん剤治療をしたのだ


いまのところ転移はみられず、体調に気を付けながらも日常生活を送っている


彼女とはダンスの仕事とバイト先が一緒だった


彼女が入院している間、バイト先に連絡をした


店の社長は彼女が心配で、すぐに病院の手配をしてくれた


その社長が『ひらベラちゃん、時間があるのならバイトしに来ない』とメールをくれた






アチキはバイト先に行ける程、体調も良くなかった為、事情を知らせる為メールをした



勿論、アチキが病気である事は随分前から言っていたから知っている


だけど


返信は来なかった


ガンは命にかかわるから


鬱病は命にかかわらないから


アチキも随分ひねくれたなぁ~


と思いながら


鬱病とは、こんなもんなんだ


と、改めて知る事となったのだ


同じバイト先で古くからダンスの仕事でも一緒だった仲間も同じ


たかが鬱病…的な考え方なのだ


しかし


仕方がないのだ

かなり、とても、すごい、ひねくれた考えを言うと


自ら命を絶った時に


辛い病気だったのね…と、その時、初めて知ってもらえる病気なのかもね


もしも鬱病など、精神疾患で悩んでいる方が、偶然にも、このブログを読んでくれていたら…



生きようぜっ


辛いさ


苦しいさ


けど


自ら命を絶ったら


自分は楽になるかもしれない


ただ


残された、あなたの大切な人が、どれほど苦しむか考えてほしいのだ



自分を思ってくれてる人なんていない!なんて思っちゃいないだろうな…


自分が思っている以上に、自分を思ってくれてる人はいるのだ


鬱病は必ず治ると言われている


アチキの知り合いも、鬱病から逃れて平穏な生活を送っている


アチキはまだ、鬱病さんとお友達だから治るとは無責任すぎて言葉にはできん





自ら命を絶ち、残された人の事を考えてはみんかいな


あなたが苦しんだ何倍も苦しむ事になるのだ


あなたの大切な人が苦しむ姿を想像したら


どうだ


まだまだ自分は生きていけると思わんか



アチキの幼馴染みが重度の鬱病を患い、何度も命を落としかけた


でも完治していない今


一生懸命、生きてくれている


アチキは、そんな彼に感謝しているのだ


彼が今いなければ、アチキは一生、彼の事を想い苦しんだろう


大切な人を失ったあなたへ



大切な人が、いなくなってしまったのは、誰のせいでもない


何をしても


何を言っても


自らの命を絶つ事を選択していただろう


残されたアチキ達にできる事は


鬱病でも生きていける


何か文句あっか


って笑って生きていく事なのだ



一緒に生きようぜ


鬱病の何が悪いってね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード