心に刺さっとるうちの1本が抜けたぞいっ

毎度どうも

糖尿病が疑われ、血液検査をした、ひらベラです



いやぁ、東京は雪が降りやしてね。北斗もアチキも大喜びですわ(子供かっ)

しかし、すでにドロドロ~


春がきましたかぇ~



さて


非常に個人的な話でごあすが(いつもそう)


アチキの心


ハート…ってやつですかいっ


そこには無数のトゲが、ぶっ刺さっとる訳ですよ


まぁ、皆さんも少なからず経験はおありかと…



そのうちの1本が、抜けたのであります


アチキね、こう見えて、
ちっさい頃から、親父&兄貴っ子でね


チビの頃は兄貴にくっついて歩いて、兄貴の友達に『また、ひらベラちゃん着いてきたの~


な~んて言われていたそうな


兄貴とは仲が良く、アチキは兄貴が大好きだったし、尊敬もしているのだ

母親がいないアチキの為に、中学の卒業式や高校の卒業式に来てくれた。

親父さんが仕事で、どうしても無理な時ね

高校生の頃、他の生徒の前で音楽の先こー(先生の事)に『お前の母さんは男と逃げたのか』と言われ、今ならライダーキックをおみまいするところだが

シャイだったのか何も言えず帰宅

親父さんには言えず、バイトで帰宅が遅い兄貴に手紙を書いた

夜中、兄貴の部屋から何やら怒り爆発の気配


翌日の放課後どうやらアチキの学校に殴り込みに行ったらしい


友達に言われ初めて知ったのだ


当時、ヘビメタのバンド活動をしていた兄貴


金髪アフロロングと、なかなかなインパクトのある容姿(笑)


呼び出された先こー(大人らしく先生と言え)は、ビビった事じゃろう


兄貴は学校に行った事をアチキに言う事はなく、翌朝先こー(突っ込むのは疲れた)に呼び出された


先こーは『ひらベラが、そんなに傷付いているとは思わなかった』と言った


あぁ~


今のアチキなら


一発殴らせろと言うところだが


あぁ~悔やまれるぜっ


そのあとの音楽の成績は、かなり良くなった


殴らせろ


アチキは兄貴に助けられてきたけどアチキもチビの頃ジャイアンに立ち向かった事があったのだ


アチキが幼稚園児だった頃、兄貴がジャイアンみたいな上級生にいじめられていたのを発見


チビのアチキはジャイアンに体当たり


………玉砕


そんな兄妹だった





今から数年前のある日


久々に兄貴に電話をすると


電話で話した兄貴は別人の様に冷たく、アチキは大勢の人達が行き交う駅前で、恥ずかしげもなく、携帯片手に号泣したのだ(大人気ない(笑))


何故(; ̄Д ̄)?兄貴が、あんなに冷たくなってしまったのか…


アチキがちょうど、アチキを産んだ人と、ひと悶着していた頃


アチキを産んだ人が兄貴に、嘘八百を言っていたとしたら……なるほど分かる気もする


それから、兄貴とは殆ど連絡を取らなくなってしまったのだ



と、いうか


嫌われるのが怖くて連絡が出来なくなってしまったのだ



しかーし


今年、田舎へ帰る事を言わずにいれば、それを知った兄貴はどう思うだろう…


兄貴の昔からの仲間


アチキも大好きな人


その人に相談したのだ


『兄妹とはいえ、何かあるのは当たり前。怖いかもしれないけど、帰る事だけでも話した方がいいんじゃないか



そう言って背中をど~んと押してもらい、恐々と近況をメールしたのだ



チクタクチクタク



結局その日に返事がくることはなく



………ちょいと落ち込んでいたアチキ






翌日、電話が


ドキドキしながら出ると、アチキの知っている兄貴だったのだ


田舎に帰る事に関しては以前から薦められていた

だから賛成ではあるけど

『あの山に帰るのか住めるのか』と心配する兄貴(笑)


兄貴はアチキと正反対で、絶対に山では住めない(笑)


そういう意味ではアチキの方がたくましいのだ


兄貴は『俺に出来ることがあるなら手助けするから言えよ』と…


兄貴と疎遠になっていたアチキ


兄貴がアチキに対する想い、根っこの部分はまだ解決していないのかもしれんが


アチキの心に刺さってた、ぶっといトゲが1本抜けたのだ


こうやって時間をかけてトゲを抜いていこう


老眼が進行しているアチキ


老眼鏡を使わないと、残りのトゲが抜けぬかも
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雪?降って地固まる!???(^^ゞ
とにかく、「とげ」一本抜けて良かったね♪

とげ抜けた所から、芽が出て花が咲きますように、
お水をあげてくださいな。

まめままさんへ

雪降って、地……。うまいっ(*^^*)北国だけに、ピッタリです。そうですね、芽が出て、お花が咲くようお水をあげなきゃ♪またコネコネのアイディアが浮かびました♪まだ前の作品が完成できていないのに(笑)
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード