北斗とマサミちゃんの体重

毎度どうも


足の親指を触ると、人指し指の感覚

人指し指を触ると中指の感覚

中指を触ると薬指の感覚
薬指を触ると薬指の感覚
小指を触ると小指の感覚

………


昔から、この不思議な感覚を『不思議だなぁ~』と思っていた、ひらベラですけど


………何か



夕べ、夜な夜な先輩と


『東京~小樽大体1000キロの旅

の打ち合わせ


『お前は原チャリで帰れ


と、言われ


ならば、カブを買ってくれと心の中で叫んでいたアチキ



打ち合わせは深夜3時を回り解散


こんな時


『大人になったなぁ~』と思うのだ


学生の頃なら親に見つからないように、そ~っと窓から出入りするだろう


イヒッ


北海道へは、先輩をこきつかい(笑)荷物の積み込みから運転もろもろ、助けて頂くのだ



先輩とはアチキが19歳からの付き合い


お互い、弱味を握りあっている仲(笑)


日頃の打ち合わせ(打ち合わせと称した食事会)では脅しあい


どちらも引かない


そんな先輩がポツリ


『ひらベラさ、今くらいが良い感じ


…………やはり、太った事に気付きやがったか


『いえいえかなり、そうとうオーバーですよ

『でもマサミちゃんの頃までには、なってないだろ


『はい。でも、マサミちゃんまで秒読みですけどね


なぁ~んつ~会話をした訳ですよ


マサミちゃんとは…(アチキひらベラが20代の頃に演じた、ぶりぶりぶりっ子の恋する乙女。その名をマサミちゃんというのである)



マサミちゃん……。


その頃の体重が、今のところ人生のピークで


ちょいとでも触れたら破裂しそうなほどにパンパンだったのだ


劇団の先輩達にデブと言われ、随分傷付いたなぁ~(笑)


そのマサミちゃんに、体が戻りつつあるアチキ


若い時とは、わきゃ~違う (ヾ(´・ω・`)


北斗の体重は、まぁまぁベスト


アチキも北斗を見習わねば

マサミちゃんに戻らぬように……… ( ̄0 ̄;


目指すは、せめてこの頃


鼻水も出していこ~ぜ~(爆)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード