口は災いの元なりよぉ~

我が家の北斗は、我が家に来てから・・・どのくらいだったかなぁ~?首や足の付け根などをガリガリと掻きむしり、そりゃぁ可愛いそうなほど真っ赤になり、時には出血もしてたわけ

で、病院に行って調べたらいろ~んなアレルギーが陽性に

当時(今から10年くらい前)に、その検査をしたところ、鶏肉もダメだと・・・

んで、更に数年が経ち、違う病院で診てもらったりしたんだけど、結局アトピー体質なのでは?って事だったのね。

しかーし!様子を見ながら鶏肉を与えるようになり、アレルギー反応が出ていた物も平気だという事が分かり、今では美味しそうにご飯を食べる北斗。

ある先生は、その・・・以前北斗に受けさせたアレルギー検査を「私も以前、患者さんに薦めていましたが、ほとんどが陽性になるのを見て、あてにならないと気が付き、今ではそれはしません。歳を重ねると体質も変わりますしね」と。

先生の事を聞きつつ、自分でも色々試してみて、今に至ってるわけです。

2014100710060000.jpg

ちょこちょこ外耳炎になりそうになるけど、まぁ落ち着いてるかな?


んで、本題(本題まで長っ


知り合いの犬はアレルギー?が酷く(去年より酷い)散歩に行ってもひたすら足を舐めたり、カミカミしたり・・・(T_T)
かゆいねぇ~。痛いねぇ~。

って感じな訳です。

この子、とても大切にされているのは分かるんだけどね、足の爪は爪楊枝で洗い、肛門絞りは毎日、足はぬるま湯&石鹸で洗うらしく・・・

外を散歩しているのに、猫の様にきれいな爪。

しかしどうだろう・・・綺麗にするのはいいけど、今の状態だと悪循環のような気がしてならない・・・。そこで、言ってみた。

アチキ「何か薬やクリームのような物を塗って靴下を履かせてはどうですか?」
飼い主さん「靴下を脱いじゃうからダメ」
もう一人の方「じゃぁ、長い靴下を履かせてみては?」
飼い主さん「長くても脱ぐからダメ」
・・・・・・・・・・・・・。
アチキ「洗いすぎも良くないようですから・・・例えばアトピー用の石鹸にしてみるとか・・・」
もう一人の方「うん。アトピーは人間も大変だからねぇ~。石鹸は何を使ってるの?」

等々、どうしたら、そのワンコの痒みを軽減しストレスから解消されるかを考え話した・・・・つもりだった(;^ω^)

しかーし翌日、飼い主さんに「あんた(←日頃から、ひらベラちゃんか、あんたと呼ばれる。)に昨日、言われたけど、この犬が痒がるのは昨日今日の事ではない!!十年前からそうなんだから。ご飯だって病院から出ているのを食べさせているし、おやつだって病院からのを与えてる!」

あっ・・・昨日から怒ってたんだ(~_~;)

アチキったらそこで気が付いた。

単純なアチキは、どうしたらいいか・・・って考えていただけなんだけど、余計なお世話だったらしい

もう、その子の症状については口を出さない事にしたが言わせておくれ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あのさ、10年以上、痒がってるんだから、病院からの食事を変えるとか、病院を変えてみるとか、何とかしてあげたら?!・・・・・と、イラッとしてしまったアチキは大人げないクソガキなのである

元々、誰が何を言っても、その言葉を受け入れない飼い主さんだから仕方がないんだけど、ワンコを見てると可哀想でねぇ~。

昨年は平気だったのに、今年は足の毛が一部抜けて赤くなっている・・・・。


そこで、ペットを飼っている皆様。

アチキ思うんです。

自分の体もそうだけど、医者に頼るだけでは決していけないと思うんです。自分でも調べてみないと。

医者に丸投げではなく、出来る限り自分でも調べてみません?大切なペットなのですから


2014112820570001.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人それぞれ・・・・

その方は、ワンコをとっても愛してるんだね~

でも、ワンコは可愛そうだ

飼い主は、獣医さんの生活のために奉仕するのでは無く
ワンコのことを考えて、少しは勉強して

何が一番、愛犬にとって最善なのか 
・・本質を考えねば、と思うのですが・・

「大きなお世話じゃ」、と言われればそれまで

ワンコは、たまたま繋がった赤い糸で それぞれ

でも、きっと幸せワンコちゃんですよ

まめぱぱさん&まめままさんへ

飼い主さんは、きっと可愛がっているのだと思うのですが、カイカイのワンコは可愛そうです。

全く聞く耳をもたないので(人の事は言えませんが(;^ω^))、いい人なのですが、厄介です(^▽^;)
シニア犬。あと何年かは分かりませんが、カイカイ&痛い痛いが続くなんて、かなりのストレスだと思うんです。

「もう十年以上こうだから、もういいの!」と言われてしまうとワンコは本当に可愛そうですがどうにもなりません。

もう少し、聞く耳をこちらに向けてくれるとありがたいのですが・・・・無理そうです(;´・ω・)
<最善>は放っておく・・・ではないと思うのですが・・・。むむむです(笑)
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
劇団マガジンに入団。
その後退団し、現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード