夏がてんかん?!

今日の昼頃の事(記憶が正しければ昼)

我が家の夏が突然暴れ出した

トイレでカサカサ音がしていたから「トイレに行ったなぁ」と思っていたら、その後突然夏が仰向けになり、何かとじゃれてるような・・・

両手をバタつかせている・・・

アチキは始め、夏が虫か何かにじゃれているんだと思っていたんだけど、どう見ても何もいない
凛は何故か「シャ――シャーーーー」と夏に向かっている

アチキは夏を抱きかかえて落ち着かせようと声をかけると落ち着いた

で、北斗と散歩に出かけ帰宅後、3匹のごはんを用意していると足元にいた夏がまたひっくり返りバタバタと暴れはじめてしまった・・・

そんな夏を違う猫だと思うのか、違う動物だと思うのか「シャ―シャ―」言いながら大暴れ
アチキが夏を抱き上げると、凛は北斗に向かい北斗負傷

取りあえず夏と北斗を車へ・・・病院へ向かった

2匹いっぺんにって(;^ω^)

夏は今日初めての症状ということでハッキリとしたことは言えないけど、今以上熱が出ないようにと注射(ちなみに38度4分 猫にとっては普通だそうな)

次は北斗

北斗は訳も分からず凛に引っかかれ、左瞼と鼻の頭を負傷

2015052120230000.jpg

目はギリギリのところで角膜などには傷が無く、ラッキー(ラッキーとは言わないか・・・)鼻の頭にも爪の痕はあるけど大丈夫そう。

先生は「この位だったら何もしなくて大丈夫だね」と言った後、瞼の傷を改めて見て、一応塗り薬を出しておきましょうか。と塗り薬。

不幸中の幸いとは、こんな事を言うのだろうな。帰宅後は、ずっと「シャ―シャ―」言う凛をアチキも警戒(笑)だってアチキに向かっても言うし猫パンチするしちょいと負傷したし

取りあえず「今は凛の側に寄らないように・・・」と2匹に言い聞かせ(笑)凛には「夏があんな事になっても夏は夏だからね」と言い聞かせてみた・・・が返事は「シャ―」

ち~ん


帰宅後も夏は突然仰向けになってソファに爪を立てバタバタ・・・立ち上がり斜めに傾いたまま押入れに逃げ込んだ

素人のアチキがどう考えても夏の状態は普通じゃない。
で、東京の動物病院の看護師さんに聞いてみたら「てんかんだと思う」との事
やっぱり・・・。

そう言われて思い出した事があったのだ

どの位前だったかなぁ?玄関で夏がバタバタ騒いでいるのを音だけ聞いていたことがあった。よーく思い出すと2回。確か2回。

あれってもしかしたら虫を見つけて騒いでいたのではなく、あの時からてんかんの症状が現れていたのかもしれない

これから、どの位の頻度でてんかんが現れるか分からないけど、その都度凛は今日みたいな事になるのか・・・って思うと対処の方法を考えなくちゃと・・・

先生はケージに入れて下さいと言ったけど、あの状態の凛を抱っこするなんて至難の業(;^ω^)しかも、その度にケージに入れる事が解決の道ではないと思うし⇓寝てると大人しいのに(当たり前(笑))

2015052120350001.jpg


夏は5匹で捨てられていた猫

北斗のお散歩中、郵便局の裏にビニールに入れられて無造作に

P5240014_convert_20090622110951.jpg


勿論、夏に限らずだけど健康で最期まで生きて欲しい

2015052120350000.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやはや、色々なことありますね!
夏ちゃんの症状が落ち着くといいけど・・・

北斗君も、とばっちりの負傷お気の毒でした(;_;)

凜ちゃんも、今まで見たことない行動を見て、
攻撃になったんだと思います。

父が足が悪くて普通の人と歩き方が少し違うので、
まめは、最初の頃それを見て吠えました。
今は全く大丈夫ですが、
同じようなことなのかもと思いました。

ひらベラちゃんお疲れさま・・・

まめママさんへ

本当に色々あります(笑)

てんかんとは・・・考えてもみませんでしたが何があるか分からないですね。
今の所落ち着いてますが・・・。

北斗は本当に可愛そう(;^ω^)先生に「北斗くんは怒らなかったんですか?優しい子だねぇ」と言われましたが、北斗自身も突然の事で動けなかったんだと思います(笑)

まめちゃんもでしたか(*´ω`)だとしたら、凛も慣れてくれたらいいんですけど・・・と言いますか、てんかんが起きなければいいんですけど(´ー`)

私は体調が怪しいので今月の残りのお仕事はおさぼりして(笑)来月からトマト農家さんと掛け持ちで頑張りま~す(^O^)/

No title

夏ちゃん…癲癇ですか…
飼い主さんも大変ですが、同居する子たちもきっと、ビックリですよね。
人間は”こういう病気だ”って思うけど、動物にとっては今まで普通だったのが急に別物のようになるわけだし。
とりあえず、発作が出た時に夏ちゃんが怪我しないよう、環境づくりをしてあげてください。
いくら猫とはいえ、てんかん発作でどこかから落ちたり、何かにぶつかって怪我したりするのはかわいそうですし…
とにかく、お大事に。

ラマラマ子さんへ

夏には本当に辛い思いをさせてきたので、こんな事になるなんて…と悔しい気持ちでいっぱいですが、今はただ、夏が怪我をしてしまわないように見守るだけです。

だけど、こういう時、多頭飼いは色々大変ですf(^ー^;

と言いながら、多頭飼いだからこそ気持ちを助けてもらえてる部分もありますけどね(笑)
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード