FC2ブログ

アリ地獄でごあす( ̄д ̄)

深夜3時半

腕にチクリと痛みを感じ目が覚め見てみると1匹のアリが

「アリが噛んだのかぁ・・・」と思ったと同時に嫌な予感がして飛び起きた

こんな予感だけ当たるアチキ
ベッドの上はアリだらけ

布団をめくるとアリアリアリ
枕をめくるとアリアリアリ
北斗のベッドをめくるとアリアリアリ
カーテンもアリアリアリ
床も勿論アリアリアリ

アリ地獄でごあす

しばし格闘し、そのまま散歩に行く事にした(笑)

人がいません。はいっ。早朝4時ですから(爆)

昨日から地元がお祭りでね盛り上がっているんですわ

2015070504210001.jpg

しかしアリ地獄を味わっている時、眠剤を追加しちゃったから、ちょいと意識薄いっす( *´艸`)

帰宅後2度寝開始(笑)

久々に青空が見えたのでぇ~北斗とドライブ~

ぶんぶ~~~~~ん

このホテルの上の丸い部分は、回る展望喫茶(今、喫茶かは分からないけど)幼馴染が亡くなる数年前に一緒に行ったっけなぁ~
2015070510590001.jpg


ここ、元々旅館で、親父さんが「退院したらお世話になった皆をここに連れて行きたい」って言ってたんだよねぇ~。その願いは叶わなかったけどね(;^ω^)

色々な想いが蘇ってきますわ

2015070511050000.jpg

今日は、この眺めを見て北斗は観光中のご夫婦にナデナデされ、タクシーの運ちゃんに呼ばれヘラヘラ走り寄り、またまたナデナデされて大満足(笑)

2015070511100000.jpg

さてと、今夜はどうぞアリ地獄にはまりませんように~

愚痴の多いアチキ・・・それってどうよ( 一一)

指・・・何かに刺されましたの

農家さんでイチゴの手入れをしていたら、右手中指にチクッ!と同時に激痛がぁ~~~~

2015060608300000.jpg
食べるのはいいんだけどねぇ~(笑)



社長母と、2人で作業してた訳だけど、アチキの激痛は今いち伝わっておらず「流水で流しておいで」と言われ休憩所の台所で痛みに耐えつつ血を絞り出したけど、これが殆ど出ない


しかし痛みは激しく一人で地味~~~に耐えとりました(笑)

老眼のアチキには何かが刺さっているようには見えず(;^ω^)若い社員クンに「老眼で見えないんだけど、何か刺さってるかなぁ?」と見てもらったアチキ(笑)

情けなっ(笑)

でも、何も刺さっていない

中指に何かが刺さったはずなのに、人差し指や薬指がしびれて来てる

んで、中指も腫れてきた

ってな訳で、何に刺されたのか分からない恐怖もあり、仕事を上がらせてもらう事にしたのだ

その時の社長母は「見てあげたいけど、これをやってしまわないといけないから、ごめんねぇ~」と顔も上げない

まぁね、いいんです。いいんですよ。たかが一人のパートがちょっと何かに指を刺されただけですからぁ~

農家さんでありながら週休二日という社長母

翌日、休むために、今日できる事を何が何でもしたい訳

これね、万が一ですよ。スズメバチ的な昆虫に刺されてですよ・・・万が一ですよ・・・危ない事になっていたらですよ・・・顔もあげずに適当に流すのは・・・・

いやいや、アチキの事はどうでもいいんです。

しかし、あんな調子だと、他の人に万が一の事があってもスルーしそうで恐怖を感じた訳ですの。いやいや、ほんとに些細なことですから、こんな事をウジウジ言ってるアチキもどうよって思うんですけどね(爆)

2015060608340000.jpg
愚痴が多い自分に嫌気がさしてる( 一一)

2015060608350000.jpg
今後、この中に手を入れるのが・・・怖い

アチキはそのまま皮膚科へ行き医師に「こんなの見せられても私は分かりません!」と冷ややかに言われ、思わぬ出来事に驚いたアチキ「言葉のチョイス酷すぎ」っと心の中で思ったのである

皮膚科ではなく外科だと言うのだ

「何が刺さっているかレントゲンで見て切開して・・・そんな事、ここではできませんから!!」っていう女医

いやいや・・・アチキの指を触る事もなく、両手を見比べる事もなく・・・。ひ、酷過ぎる・・・

取りあえず「毒蛾の幼虫に刺されたのではないか?」と塗り薬を処方されたけど、めまいなんかもしちゃったりしてちぃとドキドキしたけど、今も生きてるのでだいじょぉ~ぶ(笑)

しかし・・・トマトと違い、未だ仕事に楽しさを見い出せないアチキ(笑)
唯一楽しさを感じたのは、ブドウの芽かきと、摘粒かなぁ~(笑)

2015061211550000.jpg


仕事を楽しく・・・なぁ~んて贅沢なんだろうね。でも、せっかくだったら楽しみたいよね。だけど、間違いなくストレスが溜まっていると思われ、ここ数日調子悪し

来季は考えよう

2015061811050000.jpg

取りあえず今は、ブルーベリーの収穫を楽しみに頑張ろう(しばらくブルーベリー畑に行かないうちに実がなっていた

教えてもらったと思うしかないのか・・・

家に戻ってから、改めて少し冷静になって考えてみた。


「やっぱり自分で最期までしてあげればよかった」と・・・。


今朝、仕事に行く途中、前の車の先に見えたのは道路に横たわっている猫と、その傍にいる猫

山へ向かう道。両側には住宅が建っていて、アチキが毎日車を走らせる場所。その道路はカーブが多いものの、スピードを出す車が多い。

横たわっている猫は事故に遭ったのだとすぐに分かった次の瞬間、このままでは側にいる猫もはねられてしまう!!と思い、バックミラーで後続車を確認。続々と来るけどハザードをあげてど真ん中に車を停車。

北斗用に敷いてあったバスタオルを取り、横たわっている猫を包み、取りあえず道の端っこに・・・。それを警戒しながら仲間の猫が見ている。

アチキは車を移動して、猫の元に戻った。

猫は首輪をしていなく、外傷はなかった。ただ・・・目を開き、舌を出していた。

朝の事。

役所も保健所も電話が通じる時間ではなく、近所の人に猫を飼っている人はいないか聞いてみると、すぐ側に野良猫にエサをあげている人がいるとの事・・・。
早速行って事情を話すと、話をしているそばから猫用に穴をあけた玄関から猫が出入りしているのだ。

70代くらいのお爺さん

「それはノラだな。うちの猫は外に出ないから」との事。

しかし、お爺さんが<飼い猫>と指をさすのは窓辺に佇んでいる猫1匹

ちょっとまった。ここを出入りしている猫は全てノラ???

とにかくアチキは事故に遭ってしまった猫を役所と連絡が付く時間まで預かってもらえないか?とお願いした(死んでしまった猫を預かって下さいなどと言うなんて、正気の沙汰ではないと思うが・・)

バスタオルに包んで道路わきに放置するなんて出来なかった。

するとお爺さん隣の家を指さして「ここの息子が車を持ってるから、処理してやる」的な事を言うのだ
「???処理とは???」

「こんな言い方もなんだけど、死んだらゴミだ」と言うのだ

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

正丸峠の事件で、この言葉をどれだけ嫌ったか・・・。

取りあえず猫を連れてこいと言うので、話をしながら猫を抱き、お爺さんに渡すと、抱きかかえるのではなく風呂敷に何かが入っているかのような持ち方をするので「私が、そこまで抱いて行きます」と言うと「生きてる時に情けをかけるのはいいけど、死んだら情けはかけるな」と言うのだ。

そしてお爺さん、隣の家のチャイムを鳴らした


中から同じくらいの年代のお婆さんが出て来て、改めて事情を説明
しかし、この2人の関係性がよく分からなくて困惑

この猫

このままゴミとして捨てられてしまうのではないか?と嫌な事が頭をよぎる
事を早く済ませようとしてる(?)2人に焦ったアチキは「ペットの火葬場に連れて行きます」と言ったが、そのお婆さんも、お爺さんと同じ事を言うのだ。

「せめて土に埋めてあげてもらえませんか?」と言うと「山はそこにあるから大丈夫だ」と言うような事を言う。

2人は「見かけない猫だけど、どろぼうの子供じゃないか?」などと話してる。<どろぼう>とは、これまたそこに座っているノラの名前。

怪しいと言えば怪しい。でもアチキは仕事に行かなくちゃいけない。

結局、その猫を2人に任せて仕事に向かったのだ。

しかし・・・仕事に行っても猫の事が気になって仕方がない。挙句の果てには「あの猫、生きていたんじゃないだろうか?」と思う始末。
だって、目を開いて舌は出ていたけど、呼吸の確認はしていない・・・。抱っこした時、死後硬直は無く、柔らかかった。跳ねられて時間が経っていなかったと言えばそうかもしれない・・・けど・・・。

帰宅後もずっと考えた。

何で自分で火葬場に連れていってあげなかったのか・・・仕事なんて遅れて行けばいい。
パニックになっていたとは言え・・・。

結局、自分が納得するためには自分で最期まで責任を取る事なんだ。
そう、あの猫に教えてもらったと思うしかないのか・・・。

あの猫は、我が家の猫(夏)に似ていて抱っこした感じも夏に似ていたのだ。

夏と夏の子供を助けようとした時、ある人に「すべての命を救う事なんて出来ないんですよ」と
言われ、苦しい思いをした事を思い出した。

今はただただ、虹の橋を渡ってくれてることを願うばかり

山菜でごあす

鬱病さんがチラホラ見え隠れしているので、今月の残り約1週間はお仕事を休む事にしやした

いやぁ~根っからの貧乏性ですからね「1週間休むと~お給料が~・・・」なぁ~んて思っちまいますの(笑)
だけどね、先の事を考えると今 休むという事をする のは大事

鬱病の皆さん、これ結構大事なんですよ~~~~~ってアチキは思うのでありんすよぉ~

さて、

春が来て、夏が来る訳ですけど、我が家の周りにもそれなりに春が来て、山菜などを採っては食べていた訳です

せっかくだから写真を撮ろうと思いつつなかなか撮らず・・・(;^ω^)

けど、この際、写り方などどうでもよろし!!と思い撮ったのがこちら。ほいっ

2015051011310000.jpg

玄関開けて20秒でワラビ♪

2015051011320000.jpg

ありがたいっすねぇ~

春の山の美味しい恵

ありがたぁ~く頂いたけど・・・ちょうど風邪をひいていた時

味が・・・分からない

でも、

きっと美味しい

はず

ぎゃははーーーーーーーーーーーーーーーっ。

あっ、そうそうフキも勿論採りましたぉ~

2015050412310000.jpg

まだまだ、家の周りのはあるけど、固いよね・・・うん・・・でも、ちょいと採ってみよっかなぁ~と思っとります

自然はありがてぇ~です

春の味覚を楽しむべし

風邪ひいた(=_=)

○○は風邪ひかないというのに・・・

ってな訳で(まぁ、気が向かなかったんだけど)更新していなかったのねん

玄関あけたら10秒でタラの芽
2015050411310002.jpg 2015050411310000.jpg
早々に天ぷらにして頂きました。

1日収穫するのを忘れてしまい、葉が開いちゃったけど(;^ω^)美味でございました

2015050411350000.jpg

旨いっすよぉ~
2015050411420001.jpg
春の味覚。有難いっすねぇ~

今はもう大きくなっちゃったけど、今年はフキノトウ味噌も作ってみました(少なっ(笑))まぁ食べたから減ってるんだけどね(笑)

2015042911080000.jpg

料理が苦手でおまけに嫌い(爆)
こんなアチキがフキノトウ味噌~~~~!!??いやぁ~変われば変わるもんですな(笑)

思いのほか美味しかったので、家の前で更に収穫し、またまた作りました。

来年はい~っぱい作って冷凍しておこう

っつ~わけで風邪が早くどっかに行ってくれることを願いつつ、皆様もどうか体調にはお気を付け下さいと思いつつ、今日は寝ます

ごきげんよう~
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード