FC2ブログ

昔の日記をペラペラと

ちょいと病気のお話~~~

ブル~になりそうな方はスルーしてくれなはれ~~~

アチキ、ブログを始める前に日記を書いていた事が、ちょいとだけあった

2015021916310001.jpg


で、
その日記をちょいとペラペラとめくってみた・・・けど・・・落っこちそうだったから(笑)ちゃんと読み返してはいないけど改めて「ほほぉ~アチキったら限界を通り越していたんだなぁ~。こんな状態でよくもまぁ生きていたもんだ(笑)」と思ったのでありました


元々、ちょう~~~~~~~汚文字のアチキ。お恥ずかしい。

しかし、汚いなどという次元の文字ではなく、それはそれはおぞましい・・・自分でも読めないほどに荒れたページもあるのだ

で、こんなのを見つけた

2015021916290000 (2)

<死にたい>と言う言葉が、あっちゃこっちゃに・・・げろげ~ろ

家で一人発狂した様子などもつらつら・・・

鬱病などで辛い思いをしている皆さん。

同じ病気でも症状は人それぞれ。だから一概に「こうした方がいい!」なんて言えないけどね、大きな選択は、しばし避けてくだされ~~~って思うわけです

アチキは大きな決断をいくつかして、それが地獄への切符だったりしてしまったけど<田舎に帰る>という選択は正解だったと思っとるわけです

日記のあちこちに「田舎に帰りたい」と書いてあったのだ。でも、帰る事が出来ない事情があった

しかーーーーし

半分死人の状態で帰ってきた事でアチキは地獄から抜け出すことができたのだ。

東京は大好き
25年という時間、お世話になった東京で出会った沢山の仲間も大好き

だけど田舎に戻りたかったのだ

寂しいけど、田舎に戻って来たから「会いに行くね」と言って会いに来てくれる仲間も多い。さすが北海道(笑)

今、とっても苦しい思いをされている方。大丈夫。アチキ自身「もう元へは戻れない」と思っていたけど、今こうしてご機嫌に生きていられるから


2015021916000001.jpg

枝を切ったその場所から沢山の新芽が出てくるこの木の様に強くいきるのだぁ~~~い

続・無意識食い 

ども。

毎度。ひらベラです。


アチキのように鬱病達とご一緒している方、眠剤を飲んでいる方々は経験があるかもしれませんが、これはなかなか改善できないという事をちょいと・・・

それは・・・<無意識食い>である
アチキが勝手に名づけてるんだけどね(;^ω^)

眠剤を飲んでから無意識に飲み食いをしてしまう事

田舎に戻る前に住んでいた場所は、コンビニまで徒歩3分
<無意識食い>を回避すべく、家に食べ物を置かない・・・って事をしたんだけどね、そりゃあーたコンビニまで徒歩3分。行っちゃいますよ無意識でね(怖っ)で、結局食べてる

しかーし

今、住んでいる所はコンビニまで徒歩10分。雪道だからもうちょいかかる
さすがのアチキもそこまでは買いにいかない が!

な、な、な、何と夕べアチキは家に置いてあるはずのないクッキーを食べていたのだ(思い出せば思い出した(笑))

そのクッキーは、この冬、車の中に常備している物

冬に車で出かけ、ホワイトアウトなので動けなくなった時の事を考え、車にはバッグにお菓子や使い捨てカイロなどを置いてあるのだ。

車まで約140m

そこまで北斗と夜な夜な雪の中歩いて取って来たのだ(家の前からキツネが慌てて走り去っていく姿を見た)

深夜にだ

震災後、家に何かしら食べ物を常備するようになったけど(車の中にも)それが無意識食い君にはラッキーって事になっているのだ。ゲロゲロピ~。

こればかりは病院の先生も「それはよくある事なんですよねぇ」と言う始末
まぁ色々と厄介な問題と過ごしている訳だけど、それでも地獄生活から比べたら天国のような今の生活

一度地獄を味わうと、あとは全てが天国に感じる単純なアチキ(笑)

単純ってアホっぽいけど(笑)

・・・・・・・・・・・・・アホでもいいじゃん(●^o^●)


編集済

腰痛を我慢してでも散歩に行く訳

毎度どうもぉ~。

1年以上痛みに耐え抜いた腰痛が先日の整体でかなり改善

うっほほぉ~い♪って思っていたのにだ!

痛~~い(T_T)

・・・ほ、ほ、ほ、北斗の野郎のせいで激痛復活

痛くて叫んだ(笑)

で、「こりゃヤバい」と思いつつも「この気持ちじゃ落っこちまう」と思い、散歩に出かけた(イ、痛い
無理して行って正解。
ワンコ仲間とお話をして気持ち復活(単純)

夜、ワンコ仲間から「腰大丈夫か~い?シップも塗り薬も痛み止めの薬もあるけど。」「えっ!本当ですか?」「ひらベラちゃん、時間あるなら、今から来ない?」と電話があり、北斗を連れてそそくさと出かかけた(笑)

アチキよりも目上の方なんだけど、ものごっついいい人でねぇ~。

お話しながら「ひらベラちゃんと私は幾つ離れてるんだ?」って事になり改めて計算すると・・・14歳しか離れていない(笑)

還暦さん。

おっ

ってことはだ・・・あと14年もすればアチキも還暦さんで、赤いちゃんちゃんこ・・・。はぇ~のぉ~(笑)

2014110520230002.jpg

北斗は人んちが大好き

たらふくオヤツをもらって、いいこいいこしてもらって爆睡

・・・ったく、こいつに緊張感と言うものはないのか・・・。

あっ・・・飼い主に似るのか・・・(笑)

ご機嫌に過ぎた3か月

終わりましたぁ~。

終わってしまいましたぇ~

十数年振りのお仕事・・・農家さんでのお仕事・・・。今季終了でがす

2014100415010000.jpg

午後3時の休憩中に撮った写真。この時期は雨が多く暗い・・・。虫も鳴き始め、切ない午後の作業開始となるわけです。夏はチューブなどを流しながら作業し、秋はコブクロやドリカム(笑)

2014100415020000.jpg

トマトのアイコ・・・もっと鈴なりの時に撮れば良かった

このアイコ1本1本が小さな苗だった頃が懐かしい

パートさん達は、忙しい時期を過ぎた所で1人減り2人減り・・・と、何とも寂しい

アチキは農家さんのご厚意で(?)9月末までの予定が今月頭まで使って頂きましたのです。
で「来年も是非来てくださいね」と声をかけて頂きましたが・・・。
「アチキ、養われている側ではなく3匹を養っている側なので(笑)来年の今頃、どうなっている事やら

と、言いながらも<来年もお世話になりたいなぁ~>なぁ~んて思いながらその場を後にしたのでありました。

お休みはしてしまったけど、よく頑張りました・・・と自分にご褒美。ずっと気になっていた帰宅途中にあるクレープ屋さんで♡

2014100417070000.jpg
作業の後、手を洗ったけど、収穫の時に爪に入ったトマトさんたちで真っ黒け(笑)
(女)という性別だけど・・・これでいいのか?(笑)

パート仲間も40代が多く、必ず女子会しようねと約束し、その後もメールのやり取りをし、またも良き仲間に恵まれた、ご機嫌なお仕事でした。

農家さんから頂いたトマト&プルーン

2014100213020000.jpg

毎度毎度、栗やぶどう、かぼちゃなどをい~っぱい頂き、自分では食べきれないので(多分料理しない (笑))ワンコ仲間にお裾分け

すると、あら不思議

美味しい物に加工されてアチキの手元に戻ってくるのです(笑)

ありがたやぁ~

大量のトマトやプルーンはソースやジャムにしますっ

今回農家というお仕事をさせてもらう事になり、それがちょっとしたきっかけになり只今アチキ色々考え中・・・それは将来の事(もう、十分将来ですけど(笑))

廃人

数日前、いつものように5時45分起床

アチキ、起きる時は目覚まし時計でもなく、携帯でもなく、テレビのタイマーで起きる
目覚まし時計の「ジリジリジリィ~」と言う音が大嫌いだって、朝から心臓バクバクで目が覚めるなんて、そんな嫌な事はないでしょ。
かと言って、「ピピピピッ」って音もなんか嫌い。
結果、テレビのオンタイマーで目を覚ますのがベストとなっているアチキ

ジリジリジリィ~で起きない人の気がしれない(笑)アチキにとって、あの音はストレスの元でしかない。ってな訳で只今、ノーストレスの朝をむかえとります

で、その数日前の話

いつものように起きてテレビに目をやると、札幌のいくつかの地域に避難勧告が出ている。
雨が凄かったのだ

取りあえず北斗との散歩を済ませ仕事の準備。
おにぎりも作り、もう一度テレビに目をやると、避難勧告が出ている地域は、一人暮らしをしている、81歳のおばさんが住んでいる地域

すぐに電話をすると

アチキ「おばさん!ひらベラです。大丈夫?」
おばさん「雨が凄いの。川が氾濫・・・。」
アチキ「家の中まで水が入ってるの?」
おばさん「いや。入っていない」
つぅ~つぅ~つぅ~・・・。

電話が切れてしまった。

かなり慌てている様子。尋常ではない慌てよう。

もう一度電話
アチキ「おばさん、分かる?家には雨が入っていないんだね。家に行くから待ってて」
おばさん「雨、すごいの…。川が・・・」
つぅ~つぅ~つぅ~。

また切ってしまった

おばさん、アチキが電話をしている事を本当に把握しているのか不安だった
何故なら、おばさんは数年前から躁うつ病だから

しばらく会っていなかった、おばさんが心配で仕事先に事情を話し、従兄夫婦と一緒に、おばさんの家へ行った。

ドアが開き、そこに立っていたおばさんの顔を見たアチキは・・・「ん?」と思った
それは、顔の表情が認知症の方のようだったから・・・

取りあえず、雨は止んでいて洪水などでは全くなく、何の問題もない(避難勧告は解除されぬまま)

部屋のカーテンは、ほぼ閉めたまま
おばさんは部屋の中をウロウロ。その歩き方は小刻みに足を擦るように歩く

そして、部屋で見つけたおばさんの飲んでいる薬の量に唖然

↓この他にも胃薬的な薬がある
薬の内容はネットからの物を転載しました




1)桂枝加苓朮附湯  関節痛、神経痛

2)レスリン  うつ病・うつ状態。

3)ロヒプノール  睡眠導入剤

4)ネルボン 寝つきをよくするお薬です

5)ドラール  寝つきをよくするお薬です。

6)セロクエル  脳内の各種受容体(ドパミン、セロトニン)に作用し、強い不安感や緊張感、意欲の低下などの症状を改善します。

7)ジェイゾロフト  うつ病及びうつ状態、パニック障害。

8)サインバルタカプセル  憂うつな気分を和らげ、やる気がなくなる、不安といった症状を改善します

9)プロチアデン  通常、うつ病やうつ状態の治療に用いられます

10)アレビアデン  てんかんのけいれん発作

11)女神散エキス顆粒    通常、のぼせ、めまい、精神神経症状がある人などに用いられます。


アチキも色々飲んできたけど、こんなに飲んだら、何が効いているのか、何の副作用なのか分からない
おばさんの呂律が回らないのは薬のせいなのか?

アチキ「おばさん、この薬を止めたり減らしたら調子が悪くなるの?」
おばさん「減らした事がないからわからない」

だよね・・・

アチキ「おばさん、薬の量を減らす事はできないの?」
おばさん「一人暮らしだから、薬を減らして容態が変わっても気が付いてくれる人がいないからダメだって先生に言われた」

だよね・・・

あぁぁぁ。廃人になっちまう。こんな量を飲んでたら・・・廃人になっちまう・・・

明らかに様子がおかしいおばさん。老いた・・・と言うのではない。変なのだ。

しばらく、おばさんと話をして「避難勧告も解除されたから大丈夫だからね。また来るからね」というアチキ達の言葉に、おばさんはベッドに顔を伏せて泣いていた

後ろ髪を引かれるようにその場を後にした

もう、おばさんの一人暮らしは限界だ

と言うか・・・薬は廃人にするのだ。アチキ自身、まだ眠剤を服用しているけど、最小限の量。廃人にならずに済んでいる。

おばさん・・・廃人にならないで・・・何とか助けてあげたい・・・
プロフィール

ひらベラ

Author:ひらベラ
北海道出身
14歳から社交ダンスとジャズを始める。
19歳で上京。
現在、鬱病、強迫性障害、睡眠障害、トラウマと闘いつつ地元に戻り恩返しすると同時に、動物、子供、地球を救うべく....模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード